【ここだけでしか味わえない絶品グルメ】東京・東中野に佇む洋食の名店「イト」のボンボーヌ

IMG_6397
世の中に数多(あまた)あるレストラン。その中でもそのお店にしか存在しない、というメニューがあるお店はいくつかあるのだが、本当にそのお店でしか食べる事ができない、そんなお店は少ないだろう。

今回はそんなお店の宝物ともいえる素晴らしいメニューをご紹介したい。それが「レストラン・イト」の「ボンボーヌ」だ。

・美しく整理整頓されたお店
お店の中に入ると分かるのだが、全てが計算されつくされ、美しく整理整頓されている事に気がつく。Lの字型のカウンターは中央のオープンキッチンを取り囲み、料理が作られていく過程その全てを見る事ができる。おそらく見てもマネできないレベルの味わいだからこそ、全てをオープンにできるであろう。
IMG_6383

・創業1969年の老舗
そんな整理整頓された美しいレストラン、実は創業が1969年。40年以上に渡って東中野で絶品の洋食を提供してきた、いわば東中野の重鎮とも呼べるお店。そんなお店が長きに渡って提供している宝物のようなメニューが「ボンボーヌ」なのだ。
IMG_6379

・魅惑のボンボーヌ
柳川鍋のような陶器の皿にハンバーグのタネを平たく敷きつめ、その上に、このお店特製のベシャメルソースとデミグラスソースとチーズを乗せてオーブンへ。そう、これこそがボンボーヌという料理なのだ。
IMG_6390

・トロトロのチーズとダブルソース
ナイフとフォークでグツグツと沸き上がったボンボーヌをひとくち食べてみると感動してしまうことだろう。トロットロのチーズと、お店特製のベシャメル、デミグラスソースは、ハンバーグとの相性は抜群。平たい陶器の皿で加熱されたソースの香ばしさも味わいにグッと深みを増してくれているのだ。
IMG_6397

・添えられたトマト
食べ進めていくと添えられた2つのトマトに気がつく。実はこのトマト、しっかりと皮むきをされた極上の爽やかさを感じる事ができる箸休めのような役割を持っている。トロトロのチーズとダブルソースの味わいをより引き締めてくれるのだ。
IMG_6391

・ライスとの相性も抜群
ボンボーヌ単体だけでもいいのだが、できればライスかパンを添えたい。個人的にはライスの方が好みだが、ソースを余す事無くパンにつけて食べたい、という方はパンでもいいかもしれない。トロトロのチーズとダブルソース、そして肉汁たっぷりのハンバーグをご飯と一緒に食べる……もはや説明は必要ないだろう。
IMG_6395

・数々の有名人が絶賛
これだけウマい訳だから多くの有名人が絶賛するお店としても有名なのだ。あのマイウーで有名なホンジャマカの石塚英彦さん曰く、東中野ではなく「東ボンボーヌ」と街の名前すら変えた方がいいのではないか?と提案しているほど、ボンボーヌを絶賛している。
IMG_6381

東中野に光り輝く老舗、レストラン・イト。極限までハンバーグのウマミを引き出したとも言える、絶品のボンボーヌを味わってみてはいかがだろうか?そこにはこの地で育まれた東中野という街が醸す、普段イメージする洋食とは別次元の洋食を味わえるに違いない。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 レストラン イト(ito)
場所 東京都中野区東中野1-57-2 柴沼ビル1F
営業時間 11:30~14:30/18:00~23:30
定休日 なし
お店のHP http://www.restaurant-ito.com/

IMG_6380

IMG_6384

IMG_6389

IMG_6397



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : レストラン イト(ito)

住所 : 東京都中野区東中野1-57-2 柴沼ビル1F