太宰府天満宮で梅ヶ枝餅を食べるならココ!いつでも焼きたての梅ヶ枝餅を食べられる唯一のお店「やす武」


福岡県・太宰府市。こちらには天神さま(菅原道真公)をお祀りする神社、太宰府天満宮があります。

学問の神様菅原道真公をお祀りする神社として全国的な有名な神社ですが、この地で有名な食べ物が1つあります。

それが梅ヶ枝餅。

太宰府天満宮の参道には約20店舗ほど梅ヶ枝餅を販売しているお店がありますが、どのお店で食べても値段は変わりません。

本来なら純粋な味、という事なのでしょうが、やはり時間が経って冷めてしまった梅ヶ枝餅は、焼きたてには到底劣ります、というか別物の味わいになります。

そこで今回ご紹介するのは、いつでも焼きたての梅ヶ枝餅を食べられる太宰府天満宮の参道唯一のお店「やす武」さんです。

・梅ヶ枝餅の由来
梅ヶ枝餅の由来はやはり、天神さま(菅原道真公)。無実の罪で大宰府に左遷された道真公に老婆が、梅の枝に栗餅を巻き付けて道真公に差し入れしたことが起源と言われています。ただ、参道にあるどのお店が現在の梅ヶ枝餅を販売し始めたのか?というのは分からない状況です。

・焼きたての梅ヶ枝餅がいつでも食べられる唯一のお店、それが「やす武」
「やす武」さんの店先には梅ヶ枝餅を焼く機械があり、オーダーするとすぐに焼きたてを販売してくれます。次々と焼き上げられる梅ヶ枝餅を見ていると、非常に香ばしい香りがしてきます。他のお店ではビニールで覆われた梅ヶ枝餅を木製の箱の中で保温しているスタイルが多いので、香ばしくてアツアツの梅ヶ枝餅を食べたい人は「やす武」に行く事をオススメします。

・外はカリッ・中はホクホク
焼きたての梅ヶ枝餅は非常に香ばしいお餅の匂いがします。カリっとした外側とお餅のふわっとした食感とほのかな餅米の甘み、そして、北海道十勝産の小豆をつかったホクホクの餡は、最高の味わいです。他のお店が店じまいをしている時間に伺っても、焼きたてを提供してくれる、そんな「やす武」さんの梅ヶ枝餅は心も体も暖めてくれる、最高の逸品です。

もし、太宰府天満宮を訪れる、という場合にはぜひ焼きたての梅ヶ枝餅を味わってみてはいかがでしょうか?

お土産の梅ヶ枝餅とは全く別ものの、最高の味わいが待っているに違いありません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 やす武
住所 福岡県太宰府市天満宮参道
営業時間  梅ヶ枝餅の販売は9:00〜19:00
定休日 不定休
お店のHP http://www.umegaemochi.com/








この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : やす武

住所 : 福岡県太宰府市天満宮参道