タイ国際航空、関西国際空港へ 大型旅客機『エアバスA380型機』を再就航

タイ国際航空は、5月17日より、『エアバスA380型機』(ロイヤルファーストクラス:12席、ロイヤルシルククラス:60席、エコノミークラス:435席、総座席数507席)を関西国際空港へ再就航する。

同社は2013年12月から2015年7月まで、総2階建ての大型旅客機エアバスA380型機を関空-バンコク路線に投入していた。

旅客需要の増加を受け、1日2便(2往復)運航する関空-バンコク便のうち、関空を昼に出発するTG623便と、バンコクを深夜に出発する622便にてA380型機での運用再開とのこと。
thai_air
5月17日以降、関西国際空港にエアバスA380型機を定期便として就航するのはタイ国際航空のみ。

なお、タイ国際航空では、エアバスA380の関西国際空港再就航を記念し、同機材運航便、TG623便利用限定のプロモーション運賃「TGスーパーディール関西」(バンコク行きエコノミークラス往復38,000円)を販売するとのこと。

<TG623便利用限定のプロモーション運賃「TGスーパーディール関西」の詳細>
http://thaiair.co.jp/special/spdeal/s16_sd_osa/index.html

この機会に新しい機材でタイ・バンコクへ旅行に行ってみてはいかがだろうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア