おしゃれなプチプラ雑貨が見つかるチェンマイは女子旅にぴったり。おすすめのお土産は?

タイ第2の都市・チェンマイが女子旅にぴったりなのは、ランナータイ王朝から続く700年の歴史を持つ古都でありながら、おしゃれなカフェやショップも多く、古いものと新しいものが自然に混ざり合っているから。

大都会バンコクよりもどこかのんびりしていて、ゆったりと時間が流れている気がします。

見て、食べて、体験して、祈って……

旅の魅力がたくさん詰まったチェンマイは、女子旅に嬉しい、おしゃれなプチプラ雑貨のお買い物天国でもあります。

まとめ買いしたくなっちゃうプライスのものもたくさん!

そんなわけで、今回は、安くておしゃれな雑貨やファッションアイテムを紹介します。

ハンドメイドのアクセサリーは、チェンマイの定番お土産。

象をモチーフにしたタイらしいものなどは旅の思い出にもなりそうです。

▲ブレスレットは各100バーツ(約310円)。


▲ココナッツの殻を使ったヘアゴムは、3つで69バーツ(約213円)。ナチュラルな風合いが素敵です。


▲セールになっていたフリンジ付きのパシュミナショールは、1枚199バーツ(約616円)。


パシュミナストールの手触りはなめらかで、とても1枚600円とは思えません。

カラフルな刺繍がかわいいポーチは1個50バーツ(約155円)でしたが、6個まとめ買いしたら、合計で210バーツ、つまり、1個あたり35バーツ(約108円)にディスカウントしてくれました。

複数人にお土産を配る予定のある方は、「まとめ買いしたら安くなる?」と交渉してみるといいかも。


▲クラフト感あふれる本革のバングルは1つ50バーツ(約155円)。


▲市場や露天でよく売られている薄いコットンのパンツは100バーツ(約310円)~150バーツ(約465円)。


布はやや透ける薄さで、縫製もそれなりですが、暑いタイでは肌にまとわりつかないゆるい服装が楽ちんなので、こういうパンツやワンピースを着ている旅行者を多く見かけました。

タイ滞在中に着て、日本に帰ったら家用のリラックスウェアにするのがよいかも。


▲貝のピアス、130バーツ(約403円)。


▲タイ土産の定番、象さんポシェットは、5個で100バーツ(約310円)だったので、1個20バーツ(約62円)。惜しげなく配ることのできるプチプライスが嬉しいですね。


スパンコールは手縫いで付けられているため、象さんの表情やポーズがひとつひとつ微妙に違います。


小さなサイズのものは3つで65バーツ(約201円)、1個あたり約67円です。長いひもがついているので、小銭を入れて首から下げるのにちょうどいいです。

そして、チェンマイならではのお土産としておすすめなのが、およそ700年前からタイ北部に伝わる伝統的な青磁器、セラドン焼。

表面のつやのある透き通ったグリーンと、その下の繊細なひび模様が美しい器です。


カップ&ソーサーが210バーツ(約650円)、ペーパーウエイトや箸置きなどの小物は40バーツ(約124円)から、とお手頃価格なので、スーツケースのスペースが許す限り、あれもこれもと買って帰りたくなります。

食器好きなお友達へのお土産にもいいですね。

こちらのセラドン焼きは、タイ北部の伝統焼き物「セラドン焼」のカフェ併設専門店 サイアム・セラドン・ティーハウスで購入可能です。

お手ごろ価格でおしゃれな雑貨やアクセサリー、ファッションアイテムが揃うチェンマイ。

ナイトバザールや、ワローロット市場ターペー通りを歩けば、安くてかわいい雑貨がきっと見つかるはず。

自分用はもちろん、お土産などに、すてきなプチプラ雑貨を探してみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

※記事中の金額は実際に旅行をした2016年8月のレート、1タイバーツ=3.1円で計算しています。