申込は10月7日まで!帝都の巨大な地下神殿へ行ってみよう「首都圏外郭放水路 特別見学会」

世界に誇る日本の首都東京。

そんな東京を水害から守るために地下50メートルの場所に作られた、世界最大級の地下放水路があることをご存知でしょうか?

それが「首都圏外郭放水路」です。

私たちが穏やかに生活できるその裏側には、水と闘う首都圏外郭放水路があるのです。

その想像を超えるスケールは、驚きを禁じ得ないでしょう。

水を取り込む直径30メートル、深さ70メートルにおよぶ5本の巨大立坑や、地中深く6.3キロメートルにわたって走る直径10メートルの地底トンネル、そして重量500トンの柱が59本もそびえる巨大すぎる水槽、そして、毎秒200立方メートルの水を排水する能力のある14000馬力タービンなど、そのすべてが人間の想像を遥かに超えるスケールです。

そんな首都圏外郭放水路を特別に見学出来るのが「首都圏外郭放水路 特別見学会」。

この機会に、私たちの生活の裏側にあるインフラそのものを見つめる、そんな旅に出かけてみてはいかがでしょうか?

普段は気がつかない、当たり前の事こそ、最も重要で尊いものである、そんな事に気がつくきっかけになるかもしれません。

【募集人数】
2,000組(10,000名)

【参加条件】
参加者全員が小学校1年生以上で、階段100段を自力で歩行できる方(中学生以下は保護者同伴)

【事前申込方法】
郵便ハガキに下記の事項を記載の上、申し込み
※1人1通のみ有効 記入もれ・記入誤りは無効

(1)代表者氏名(漢字とフリガナ)
(2)郵便番号
(3)住所

【申込期限】
10月7日(金) ※申込ハガキ必着

【当選ハガキの発送】
申込多数の場合は抽選
当選者のみ10月19日(水)までに当選ハガキが発送されます

【見学について】
当選ハガキ1枚につき最大5名まで入場可能
当選ハガキで指定した時間のみ入場可能(退場自由)
10時~11時・11時~12時・12時~13時・13時~14時・14時~15時のいずれか(時間の指定は不可)

【申込先】
〒344-0111
埼玉県春日部市上金崎720
国土交通省首都圏外郭放水路管理支所 特別見学会受付

詳細はこちら>>
http://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/edogawa00733.html

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア