【ご当地グルメ】埼玉・大宮の新名物「大宮ナポリタン」を味わおう!老舗喫茶店「伯爵邸」の新感覚ナポリタン


埼玉を代表するターミナル駅、大宮。

乗り入れする路線は14本を数え、東京駅に次ぐ全国第二位となっています。

大宮は古くより交通の要衝として栄え、鉄道の街としても知られています。

近年では、「鉄道博物館」もオープンしたことにより、改めて鉄道の街・大宮として注目を集めています。

そんな大宮において、新たな名物となりつつあるのが「大宮ナポリタン」。

今回は、沖縄風ナポリタンで話題を集める老舗喫茶店「伯爵邸」をご紹介します。

・新名物!「大宮ナポリタン」
2015年には開業130周年を迎え、さらなる地域活性化を目指している大宮駅。

そんな大宮で話題のご当地グルメといえば、「大宮ナポリタン」です。

最盛期には5000人を超える鉄道マンたちが働いていたという大宮駅。その駅周辺には、鉄道マン御用達のお店が数多く並んでおり、中でも「ナポリタン」は鉄道マンたちの間で大人気のグルメだったそうです。

その味わいを懐かしむ声も多く、また大宮区のイメージカラーであるオレンジがナポリタンの色合いに近いことから、地域活性化を願って「大宮ナポリタン」が誕生しました。

「大宮ナポリタン」のルールは、たった1つで「埼玉県産の野菜を一種類以上使うこと」。

それ以外のルールは設けていないため、お店毎に異なった個性あふれる「大宮ナポリタン」が味わえます。

・24時間オープンの老舗喫茶店
そんな「大宮ナポリタン」が味わえるお店の1つが「伯爵邸」です。

1975年(昭和50年)創業の老舗喫茶店で、特筆すべきはその営業時間。

なんと個人店ながら24時間休まず営業しており、朝のモーニングタイムから夜のバータイムまで様々な用途で利用できる喫茶店なのです。

またメニューは100種類以上を超え、ボリューム満点の料理からこだわりのデザートまで、幅広いラインナップが揃っています。

・沖縄風の大宮ナポリタン
24時間オープンの老舗喫茶店「伯爵邸」で味わえる「大宮ナポリタン」は、沖縄風の新感覚ナポリタン。

オーナーが沖縄出身ということもあって「伯爵邸」では様々な沖縄料理を提供しており、名物の「大宮ナポリタン」も沖縄風にアレンジされています。

通常のナポリタンでは見かけることのない、イカや豚肉がたっぷり入ったチャンプルスタイルとなっており、具沢山で食べ応えのある逸品。

ナポリタン本来の素朴な味わいは残しながらも、イカや豚肉が加わることによって、よりジューシーなナポリタンに仕上がっています。

トッピングにはコーレグース(唐辛子を泡盛に漬け込んだ沖縄の調味料)も準備されているので、お好みで加えてさらなる沖縄テイストを楽しんでみてもいいかもしれません。

大宮の新名物「大宮ナポリタン」。

個性あふれる「大宮ナポリタン」の中でも、沖縄風ナポリタンはここでしか味わえない逸品。

大宮を訪れた際は、老舗喫茶店「伯爵邸」で沖縄風の新感覚ナポリタンを味わってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   伯爵邸
住所   埼玉県さいたま市大宮区宮町1-46
営業時間 24時間営業
定休日  無年中休





















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 伯爵邸

住所 : 埼玉県さいたま市大宮区宮町1-46