【世界のカフェ】詩人ペソアの像が目印!リスボンで一度は行きたい名物カフェ「ア・ブラジレイラ」

坂の多いノスタルジックな街並みが郷愁を誘う、ポルトガルの首都リスボン。

リスボンを訪れるなら、名物のクラシックカフェで思う存分ノスタルジーに浸ってみたいものです。

リスボンで一度は行きたいクラシックカフェが、1905年創業の老舗「ア・ブラジレイラ(A Brasileira)」。リスボンきっての繁華街ガレット通りに位置するシアード地区のランドマーク的存在です。

かつては知識人や芸術家が集って交流を深めた場所でもあり、常連客であった詩人フェルナンド・ペソアの銅像が目印。観光客に大人気の記念撮影スポットとなっています。

旅情を盛り上げてくれるレトロな看板をくぐって店内に入ります。

落ち着いた色合いの木材をふんだんに使用した店内は、重厚感あふれる雰囲気。豪華でクラシカルな装飾が、非日常の世界へといざなってくれます。

リスボン屈指の名物カフェだけあって、日中や夜はとても混雑するので、優雅な雰囲気をゆったり楽しめる朝の利用がおすすめです。

朝8時から営業しており、自慢のポルトガルスイーツやサンドイッチなどの軽食も揃うので、朝食にもぴったり。

こちらは、カステラの原型となったといわれるポルトガルの伝統菓子「パオン・デ・ロー」。確かにカステラを思わせるフワフワとした感触ですが、中はもちっとしていて、日本のカステラとは異なるユニークな食感が楽しめます。

見た目に派手さはありませんが、素朴で優しい味わいのポルトガルスイーツに病みつきになるはず。

ポルトガルのカフェやレストランにはたいてい生しぼりのオレンジジュースがあり、朝のビタミン補給にもぴったり。こんな素敵なクラシックカフェで一日のスタートを切れば、その日はなんだかいいことがありそうな気がしませんか?

メニューは利用する席によって値段が異なり、立ち飲み、着席(店内)、テラスの順に値段が高くなるのでご注意。

文化人にも愛されたリスボン名物のクラシックカフェ、「ア・ブラジレイラ」で非日常の優雅なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 Cafe A Brasileira(カフェ・ア・ブラジレイラ)
住所 Rua Garrett 120, Lisbon 1200-205
営業時間 8:00~翌2:00
公式facebookページ https://www.facebook.com/pages/Café-A-Brasileira/109587325727585?rf=590149897738507