建築家・隈研吾氏の建物が芸術的すぎる!台湾No.1パイナップルケーキの日本1号店・東京南青山「サニーヒルズ」

東京南青山「サニーヒルズ(SunnyHills)」。

おしゃれなデザイナーズショップやカフェ、スイーツのお店が立ち並ぶ表参道にある台湾のパイナップルケーキ専門店です。

台湾の定番土産といえばパイナップルケーキ。台湾にはパイナップルケーキを販売するお店が数多くある中、お土産No.1として好評のお店が「SunnyHills 微熱山丘」です。

その「SunnyHills 微熱山丘」日本1号店が、東京の南青山にあります。

真新しい店と昭和風の民家が見え隠れする住宅街で、ひときわ目を引くヒノキの角材に覆われた建物のデザインは、日本が誇る建築家・隈研吾氏が設計。

国際的にも活躍している隈研吾氏が手がけたこの3階建ての建物は、伝統的な組木格子を一本ずつ立体的に組み上げて作られた地獄組みと呼ばれる昔ながらの技法です。

1階は、ギフトやお土産としてパイナップルケーキを購入するためのスペースがあります。

ヒノキの独特の香りが包み込む空間は、森の中に迷い込んだかのような錯覚に陥り、とても都会の真ん中にいるとは思えないほど。

細かく交差する木組みの隙間から射し込む木漏れ日に包み込まれているような心地よさは、台湾の山中の風景を連想してしまうほどです。

・パイナップルケーキとお茶が無料で提供されるサービス

「パイナップルケーキとお茶は如何ですか?」

受付の方に2階に案内され席に座ると、パイナップルケーキ1個と温かい烏龍茶を無料で提供しているというおもてなしが待っています。

お土産の購入有無に関わらず無料で提供されるパイナップルケーキは、1階で販売されているものと同じものです。

香ばしく焼き上げたクッキーは、添加物を使用していなく、小麦粉や卵など食材にもこだわって作られています。

黄金色に焼き上げられたクッキーは、ムラがなくとても美しい。

クッキーの中には、台湾原種のパイナップルジャムがたっぷり詰まっています。

自然あふれる畑で18か月もの時間をかけて成長したパイナップルをじっくりと煮込み、数か月を経て熟成させたジャム。

濃厚なパイナップルのジャムと、その周りのしっとりした食感のクッキーとの相性がとても合い、人々の味覚を楽しませてくれます。

・ギフト用のパイナップルケーキには、小さなトートバッグ付

1階で購入出来るギフトにも最適なパイナップルケーキは、5個入りから販売しています。

パイナップルケーキを購入すると、紙袋の代わりに布製のトートバッグに入れてくれるサービスもあり、お土産に喜ばれること間違いなしですね。

素朴な陽光のスイーツのおもてなしと、ヒノキが交差する落ち着いた店内で至福のひと時を体験してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 サニーヒルズ南青山店
住所 東京都港区南青山3-10-20
営業時間 11:00~19:00
定休日 無休
お店のHP http://www.sunnyhills.com.tw/index/ja-jp/