【世界の美食】庭園を眺めながら料亭気分で味わう京会席「京都ホテルオークラ別邸 京料理 粟田山荘」

京都旅行の楽しみのひとつといえば、やはり京料理。

せっかくだから、ちょっと奮発して素敵なお料理を食べてみたいと思っていらっしゃる方のために、お勧めのお店をご紹介します。

京都ホテルオークラ別邸 「京料理 粟田山荘(あわたさんそう)」。ミシュランガイド』京都・大阪版の初刊行以来、8年連続「一つ星」を獲得し続けている名店です。

昭和12年、青蓮院と地続きの粟田山の山裾に西陣の織元細井邦三郎氏が建てた別荘を前身とするこの粟田山荘は、現在も420坪の敷地に、建坪150坪の二階建数奇屋造りの建物と270坪の庭園を擁する風情ある佇まい。

お部屋は全室個室となっており、ゆったりとした雰囲気の中で、美しい庭園を眺めながら料亭を訪れているような優雅な気持ちでお食事を頂くことができます。

お料理は、季節の味わいを盛り込み、一品ずつ丁寧に作られたものばかり。

こちらは、お昼の「しらかわ」(2016年11月 季節により内容は異なります)。

伝統の手法を大切に、決して奇をてらわないのに、ところどころに、どこか新しくハッとさせられるような組み合わせや、調理法が織り交ぜてあり、多くの品数を頂いても飽きることなく最後まで楽しめる内容です。

使われている食材も、ひとつひとつがしっかりした味わい。白子もふっくらと大き目。

お部屋の調度品や、器も美しく、目からもたっぷりと季節の恵みを味わうことができます。

締めの、蟹雑炊にも、蟹の身がたっぷり使われています。

甘味にも工夫が凝らされており、スイーツ好きの女性もきっと満足されることでしょう。

また、スタッフの方のサービスも特筆すべき点です。

粟田山荘はミシュラン一つ星の中でも、特にサービスやしつらえなどの快適性を示すスプーン/フォークのマークにおいて4つ赤(最上級の快適さ)を獲得したそうですが、訪れてみるとその点に納得される方も多いはず。

京都の老舗高級ホテルの別邸というだけあり、お部屋やお庭のしつらえはもちろんのこと、お料理や飲み物を持ってきてくださるタイミングが絶妙なうえ、お料理や器、粟田山荘の成り立ちなどについてもスタッフの方々が非常に詳しく、ゲストの質問に詳しく丁寧に説明してくださいます。

美しい庭園を眺めながら、見目も味も麗しいお料理を丁寧なサービスで頂けば、京都旅行の満足度が何段階もアップすること間違いなし。

お昼、夜とも会席料理がメインとなりますが、嬉しいことにお昼には比較的お手頃なお値段で頂けるお弁当もありますよ。ぜひ、ご家族やお友達と素敵な時間を過ごしてみてくださいね。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 京都ホテルオークラ別邸 京料理 粟田山荘
住所 京都市東山区粟田口三条坊町2-15
営業時間 昼食 11時30分~14時30分
     夕食 17時30分~21時00分
定休日 年中無休
お店のHP http://okura.kyotohotel.co.jp/restaurant/awata/



この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 京都ホテルオークラ別邸 京料理 粟田山荘

住所 : 京都市東山区粟田口三条坊町2-15