コロンブスのお墓も!世界で3番目に大きい聖堂、セビーリャのカテドラルは見どころ満載

スペイン南部、アンダルシアの州都セビーリャ。オペラ「カルメン」や、戯曲「セビーリャの理髪師」の舞台として知られるこの街は、大航海時代に繁栄を極めた華やかな街並みを残しています。

セビーリャ最大の見どころのひとつが、世界遺産に登録されているカテドラル。セビーリャ観光の中心地、コンスティトゥシオン通りに位置し、並々ならぬ存在感と風格を放っています。

セビーリャのカテドラルは、イスラム時代に建てられたモスクの跡地に、15世紀からおよそ1世紀を費やして建設された総面積23500平米の壮大な大聖堂で、その規模は聖堂としてはスペイン最大。世界的に見ても、バチカンのサン・ピエトロ大聖堂、ロンドンのセント・ポール寺院に次ぐ大きさを誇ります。

それもそのはずで、「後世の人々が正気の沙汰ではないと思うほど巨大な聖堂を建てよう」という1401年の教会参事会の決定に基づいて建設されたのです。世界で3番目に大きい聖堂だけあって、広大なカテドラルの内部には多くの見どころがあります。

そのひとつが、コロンブスの墓。コロンブスの遺骸は、米西戦争が終結した1898年にキューバの首都ハバナからセビーリャへと運ばれてきました。

当時のスペインを構成したレオン、カスティーリャ、ナバーラ、アラゴンの4国王がコロンブスの棺を担いでいる光景は神々しいほどの迫力があります。

カテドラルを彩る装飾品のなかでもとりわけ圧巻なのが、主祭壇と聖歌隊席。聖書の場面を1000体以上の彫刻と45のレリーフで表現した黄金色の祭壇は、天井まで届きそうなほどの圧倒的な大きさ。

しかも、ただ大きいだけでなく、彫刻の精緻さと美しさは息を呑むほど。思わず目が釘付けになってしまいます。

主祭壇の向かいにあるマホガニー材で作られた聖歌隊席は、ゴシック・ムデハル様式の繊細な彫刻で覆われていて、こちらも見事。

聖歌隊席の両側には、立体的で細やかな装飾が目を引くパイプオルガンが置かれています。

ほかにも、ムリーリョ作の絵画「無原罪のお宿り」が飾られた楕円形のルネッサンス様式の空間である参事会室や、ムリーリョやスルバランの作品が展示されている主聖具納室など、カテドラル内部は複数の空間に分かれているので、見逃さないように注意しましょう。

あまりのスケールの大きさと壮麗さに、つい時間が経つのを忘れてしまいそうになるほど。

細部の装飾がとても美しいので、併設の塔とあわせて、見学には1時間半から2時間ほど見ておくといいでしょう。

カテドラルに併設されている高さ97メートルのヒラルダの塔は、もともと12世紀末にモスクのミナレットとして建設され、16世紀にルネッサンス様式に改築されたもの。もともとあったアラベスク模様が残されており、イスラムとキリスト教の建築様式が融合したエキゾチックな外見です。

カテドラルのチケットにはヒラルダの塔の入場料が含まれていて、高さ70メートルの展望台からセビーリャの街を一望することができます。

さまざまな建築様式が融合したセビーリャのエキゾチックな街並みはまるでおもちゃ箱のよう。

イスラム文化が香るアンダルシアは、ヨーロッパでありながら、ヨーロッパの他の地域とはひと味もふた味も違う風景を見せてくれます。

内部と塔、それぞれが特別な体験をもたらしてくれるカテドラルは、セビーリャの魅力がぎゅっと詰まった象徴的なモニュメントなのです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア