【世界のカフェ】レトロ可愛い空間のとりこ!台南の古民家カフェ「正興珈琲館」に癒される

「台湾の京都」とも呼ばれる台南には、かつてここが首都であった歴史を物語る史跡が点在しています。さらに近年は、古い建物を改装したリノベーションスポットが次々に誕生。

歴史の街・台南に新たな魅力を加えています。

台南で歩きたい最旬ストリートのひとつが、「正興街(ジェンシンジエ)」。

台南で古くから栄えていたエリアで、全長230メートルほどの通りに、ここ数年でおしゃれなカフェやレストランが続々とオープン。いつも若者で賑わう人気スポットとなっています。

正興街に行ったらぜひとも立ち寄りたいのが、「正興珈琲館(ジェンシンカーフェイグァン)」。70年以上前の建物をリノベーションして誕生したレトロ可愛いカフェです。

ブルーがアクセントの外観は、正興街でもひときわ目を引くフォトスポット。コミカルな猫のイラストが描かれた看板もキュートです。

このような「正興猫」の看板は、正興街のあちこちに点在。猫はそれぞれの店舗のオーナーをイメージして描かれているのだそうです。擬人化ならぬ「擬猫化」ですね。

正興珈琲館の店内に入ると、正興猫グッズをはじめとする、懐かしさと新しさが共存するハイセンスな雑貨の数々が迎えてくれます。

カフェを利用しなくても、雑貨を見るだけでもOK。雑貨ショップとしても十分見ごたえがあるので、ぜひ一度はのぞいてみてください。

雑貨ショップの奧に、カフェの客席があります。レンガと木材の素朴な風合いを生かした空間は、居心地抜群。

横に仕切りがあって、半個室感覚でくつろげる席もあります。

店内中央部は、古い窓枠を再利用したカウンター席になっています。誰かと一緒でも、一人でも、シーンに合わせて誰もが気兼ねなく過ごせる店づくりが魅力的。

クッションなどの小物一つひとつにもこだわりが感じられます。

田舎の家に帰ってきたような素朴な雰囲気と、アート感覚が見事に調和。店内に入った瞬間、可愛らしさと渋さ、古さと新しさが絶妙なバランスで融合したおしゃれ空間のとりこになるはずです。

写真はリコッタチーズと野菜のサンドイッチセット(250元)。サンドイッチと選べるドリンクとのセットです。

ボリューム満点のサンドイッチは、チーズと生野菜をそのままパンに挟んでいるのではなく、リコッタチーズと野菜からペーストを作り、それと生野菜を合わせて挟んでいます。

さらに、サンドイッチの横には、甘くてホクホクのサツマイモが添えられています。サンドイッチといえど、手作りの温かみが感じられるひと手間かけた料理が嬉しいですね。

ドリンクのおすすめはミルクティー。ミルクがたっぷり入ったミルクティーは朝の胃にも優しいまろやかな味わい。心も身体もほっこり温まります。

ティータイムの利用なら、スコーンセットやケーキセットもおすすめ。

レトロ可愛い台南の「正興珈琲館」で過ごすスローなひととき。あなたも異世界を旅したような気分になれる、ゆるりとした時間を味わってみませんか。

お店 正興珈琲館(ジェンシンカーフェイグァン)
住所 台南市国華街三段43号
電話 06-221-6138
営業時間 9:00~19:00(土日~21:00)

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア