エメラルドグリーンの絶景ビーチ!タイ・ピピ島のマヤベイは息をのむほどの美しさ

日本から比較的近い国で、多くの旅行者を魅了してやまない国の1つ、タイ王国。

首都バンコクでは高級なレストランでの食事や知る人ぞ知る「タイ航空市場」プチプラ小物店でのショッピングを、リーズナブルに楽しむ事ができます。

また、北のチェンマイでは癒しのスパ体験に、ほっこりするカフェでの食事象と楽しむアクティビティなど、首都バンコクとは異なる体験も可能です。

また海のリゾートでいえばバンブーアイランドのような美しいビーチや穴場のリゾートと呼ばれているパンガン島、のんびりと過ごせるランタ島などの場所もあります。

そんな魅力たっぷりのタイに秘境のような絶景ビーチがあることはご存じでしょうか。

それが今回ご紹介するピピ島です。

タイのプーケットから、船で南東に1~2時間ほどの場所にあり、エメラルドグリーンの綺麗な海は一見の価値あり、と言われており、その美しさからレオナルド・ディ・カプリオ主演の映画「ザ・ビーチ(THE BEACH)」の舞台にもなったほどです。

プーケットのラサダ港からピピ島へはフェリーで2時間程、スピードボートなら1時間程で到着します。

ピピ島は日帰りツアーとしても人気が高く、現地発のツアーが数多くあるので、都合のいい時間をうまく組み合わせて巡る事が可能です。

もちろんシュノーケルやダイビング、周辺の島々やビーチを巡るアイランド・ホッピングなど楽しみ方もいろいろです。

ピピ島に近づくと巨大な切り立った岩の景観が秘境を感じさせてくれます。

船が岩場の奥へ近づくにつれ、海の色が濃いブルーからエメラルドグリーンに徐々に変化していきます。

海の色が美しいエメラルドグリーンに一変し、船の上から眺めるだけでもその美しさに魅了されます。

ピピ島のハイライトが「マヤベイ」とよばれる入り江です。

巨大な切り立った岩に囲まれたエメラルドグリーンのビーチは、まさに息をのむような美しさです。

マヤベイはピピ島を代表する観光スポットです。

乾季のベストシーズン(11月~3月)ともあれば、多くの人で溢れていますし、たくさんの船やボートが次々と上陸してくるので、泳ぐ際には注意が必要です。

またマヤベイの付近には「モンキービーチ」があります。その名の通り、野生のサルがたくさん生息しているビーチです。

生い茂る木の中をよく見てみると……野生のサルたちがいます。

サルは観光客に慣れているので、餌を求めて近づいてきます。

私物を取られないよう、注意しましょう。

モンキービーチはシュノーケリングには最高のスポットです。透明度の高いエメラルドグリーンの海の中、カラフルな魚たちがたくさんいます。


行きと帰りに目にするのが、なにやら怪しい洞窟「バイキングケイブ」。

以前は人が生活していたそうです。昔は上陸できたようですが、今は上陸できないので船の上から注意深く中を観察して楽しみましょう。

ピピ島は日帰りでも楽しめるリゾートですが、できればピピ島に1泊することをオススメします。

プーケットはリゾート地なのでお店も多く、夜になると人で賑わい活気のある町です。

一方、ピピ島は夜になると大人の静かなゆったりとしたリゾートを満喫することができます。

満天の星空の中、美味しいタイ料理を食べ、昼間は時間を気にせずアクティビティを楽しむことができますので、ハネムーナーにもオススメのリゾートです。

ピピ島の美しさに魅了され、毎年リピートするファンも多い島。

そんな絶景のタイの島を旅してみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア