ふわふわパンケーキで幸せな一日のはじまり!「松之助 京都本店」の朝食セットがお得

京都でアップルパイといえば「松之助」。ケーキディプロマ・平野顕子氏がプロデュースするニューヨークスタイルのアメリカンケーキとスイーツのお店です。

「松之助」というケーキショップらしからぬ名前は、能装束の匠であった平野氏の祖父の名前からとったのだとか。

アップルパイやチーズケーキといったアメリカンスイーツは、平野氏がアメリカ留学中に出会った料理研究家・シャロル・ジーンとの交流を通じて生まれました。厳選した無添加の素材で手作りされるスイーツは、誰もが笑顔になれる優しい味わいです。

アップルパイで知られる松之助ですが、実は朝8時~10時限定でいただける朝食セットも大人気で、朝でも待ち時間が発生することもあります。待たずに入店するなら、朝8時の開店直後に行くのがおすすめです。

地下鉄烏丸御池駅から徒歩およそ3分。閑静な住宅街といった趣の通りに「松之助 京都本店」はあります。スタイリッシュとレトロが共存した外観に京都らしさを感じますね。

店内は、白と黒で統一されたモダンな空間。ここから、爽やかな朝がはじまります。

朝食セットは、パンケーキ、スコーン、ビスケット、グラノーラの4種類から選べ、それぞれドリンク付きで680円。朝だけのお得なメニューです。

+150円でベーコンエッグ、+250円でソーセージエッグ、+200円でスープを追加することもできます。

一番人気なのが、ふわふわのパンケーキ。松之助はパンケーキにも定評があり、姉妹店として、「カフェ ラインベック (Cafe Rhinebeck)」の名前でパンケーキ専門店を展開しているほど。注文を受けてから一枚ずつ焼き上げるパンケーキは、ふっくら、こんがり。見るだけで幸せな気分になれます。

ナイフを入れると、ふわふわの感触が手に伝わり、卵の優しい香りが広がります。甘さ控えめのシロップをたっぷりかけていただきましょう。

ふんわりとしたパンケーキは朝からでもぺろりと食べられる軽い食感。昔ながらのホットケーキとも、ハワイのパンケーキともまた違うスフレのような柔らかい口当たりです。

イートインだけでなく、焼き菓子のテイクアウトも可能。レジカウンターの横にはアップルパイやスコーン、キッシュなど、どこか懐かしい雰囲気の素朴なお菓子がずらり。

自然の素材を取り入れた手作りの焼き菓子は、アメリカではエネルギーの源、人と人とを結ぶ力があると信じられているのだそうです。手仕事のぬくもりがもつパワーはどの国でも共通ですね。

ふわふわのパンケーキにお腹も心も満たされる、「松之助 京都本店」の朝食セットで、幸せな一日のスタートを切ってみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 松之助 京都本店
住所 京都府京都市中京区高倉御池下ル亀甲屋町605
電話 075-253-1058
営業時間 8:00~18:00(朝食セットは~10:00)
http://www.matsunosukepie.com/index.html