【世界の絶景】カトリックの総本山サン・ピエトロ大聖堂から見渡すヴァチカンの絶景

世界最小の国ヴァチカン。東京ディズニーランドよりも狭い面積の国ですが、その小ささとは対照的にカトリックの総本山として巨大な影響力を持っています。

「世界最小」である国の大きさに比べ、国内にあるサン・ピエトロ大聖堂は「世界最大の教会建築」。内部の豪華な装飾も素晴らしいですが、このサン・ピエトロ大聖堂ではクーポラ(ドーム)の頂上へ登ることが出来ます。そこから見渡すローマやヴァチカンの眺めはまさに絶景!美しい景色を独り占めできる穴場的なスポットです。

クーポラへの入り口は大聖堂を正面にして右側にあります。登り方は「すべて徒歩」または「エレベーターと徒歩」か選択をすることができ、全て徒歩で登る場合は5ユーロ、エレベーターを使用する場合は7ユーロの料金がかかります。

ここで注しなければならないのは、エレベーターを利用する場合でも途中から320段の階段を自力で登らなければいけないという点です。とはいっても、すべて徒歩にすれば551段登らなければならないのでエレベーター使用がおすすめです。

エレベーターで登った所からは、この様にクーポラを間近で見ることができます。

内部に入ってみましょう。大聖堂内から見上げるようにして眺めていたフレスコ画も、ここからはこんなに近くで観察できます。逆に大聖堂内部を上から眺めることもでき、普段とはまた違った風景が楽しめます。

周囲の壁に施されているモザイク画も見逃せないポイントです。1つひとつの小さな石が集まって作り出す幻想的な絵画には、感動さえ覚えます。

内部を一通り見終えたら、いよいよここから320段の階段を上ります。階段はクーポラの形状に合わせて作られているので、上がるにつれて幅が狭くなりすれ違うのもやっとです。また階段の中心がすり減っている箇所もあるので、足を滑らせないよう注意が必要です。

頂上までたどり着けば、そこで待っているのは息をのむほどの絶景です!ローマ市街やヴァチカンのサン・ピエトロ広場が一望でき、その美しさに階段を上ってきた疲れも吹き飛んでしまいますよ。しばらく何も考えないで、ただ眺めていたいと思わせるような景色です。

クーポラの屋根をこんなに間近で見る事も、普段はほとんどありませんよね。絶景を楽しみながらそんな貴重な体験もできる、まさに穴場スポットなのがこのサン・ピエトロ大聖堂のクーポラなのです。

大聖堂内部やローマの他の観光スポットに比べればそれほど混雑もありません。クーポラの上から、美しい景色を独り占めする気分を味わってみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア