南オーストラリア・バロッサバレーの小さなワイン農家を訪ねて

ワインの世界は、フランス、イタリアなどワイン作りに歴史と伝統があるオールド・ワールドと近年になって作り始めたニュー・ワールドがあります。

オーストラリアは後者に属し、他に南米チリ、南アフリカなどが同じカテゴリーとなります。

例外もありますが一般的にニューワールドのワインは安くてそこそこの味、と言われており日本でもコンビニなどで目にした人も多いのではないでしょうか。

しかし近年、その味の進歩は目覚ましく、世界的なコンクールで上位に入賞するなど評価をあげています。

今回はそんなニュー・ワールドの中からオーストラリアのバロッサ・バレーをご紹介しましょう。

オーストラリア・南オーストラリア州のバロッサ・バレーはアデレードから北東へ車で1時間ほど。

丘陵地帯の気候が適していたため、当時のヨーロッパからの移民がその地を開墾(かいこん)し、良質なワインの産地となりました。

世界的にも有名なエステート、近所の人が瓶を持参して量り売りで買っていくような古きよきセラーまで大小合わせて250以上ものワイナリーがあります。
※エステートとはワイン用ぶどうの栽培からワインの醸造まで一貫して行なっているワインメーカーを意味します

バロッサ・バレーの中でもオススメなのがヘメラ・エステート。

一見すると農場のようですが、広大なぶどう畑が広がっています。

こちらでは予約なしでもテイスティングが可能です。

ワイナリーによってはテイスティングの事前予約などが必要なことがあります。バロッサ・バレーのワイナリー・マップはインフォメーションやホテルなどで入手可能なので、お好きなワイナリーがある、という方は事前に調べておいたほうがよいかもしれません。

ヘメラ・エステートでは、試飲するワインにマッチングするチーズやクラッカーなども頼むことができます。

ワイナリーというよりも、田舎のマナーハウスのリビングのような雰囲気。

冬は暖炉に火が入れられ、訪れた人を暖かく出迎えてくれます。

南半球の夏から秋にあたる2月から4月にかけては、訪れる人も多く混雑するとのこと。

ところでオーストラリアでは州によって飲酒運転についての規則が違います。

南オーストラリアではかなり厳しく、ワイン1杯(200ml)で基準を超えてしまいます(※)。
ワイナリー巡りをするためには、ツアーなどで参加するかハンドルを握る人は飲まないなど注意をして、楽しんでくださいね。

※「南オーストラリア州の血中アルコール濃度と車の運転についての規定」より

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ヘメラ・エステート(Hemera Estate)
住所 1516 Barossa Valley Way, Lyndoch, SA 5351
営業時間 10:00-19:00
URL http://www.barossa.com/wine/wineries-search/56f0a10e99d3c68b220c9ab9/_Hemera-Estate

バロッサバレーのワイナリーの検索、レストラン、宿泊情報等はこちら