【世界の街角】地上200メートルのテラス!マインタワーから望むドイツ・フランクフルトの景色はまさに絶景!

歴史ある街並みと近代的な高層ビル群が融合する町フランクフルト。そんなフランクフルトの町を一望できるスポットがあるのを、みなさんはご存知でしたか?

それが、高層ビルが立ち並ぶオフィス街にあるマインタワーです。地上56階、高さ200メートルとドイツで5番目の高さを誇るビルの屋上からは、フランクフルトの町はもちろん、はるか彼方まで広がる360度のパノラマを楽しむ事ができます。

マインタワーはオフィスビルでもあるので、展望台への入り口を見つけるのが少し難しいかもしれません。周囲をよく見ながら歩いていると柱に展望台の案内が書かれているので、そこが観光客用の入り口となります。

チケットを購入し、セキュリティチェックも済ませたら、エレベーターで展望台へ向かいます。エレベーターから降り、階段を上れば、いよいよ絶景があなたを待っています!

屋上テラスからの眺めは、まさに息を飲むほどの絶景。フランクフルトの街並みや、背後にせまるタウヌスの森まで一望できます。

上からフランクフルトを眺めると、高層ビルが植物の様にニョキニョキと生えているみたいですね。ガラス張りのツインタワーはドイツ銀行、赤い「S」のマークがあるのはシュパールカッセという銀行のビルです。

すぐ隣には、コメルツバンクタワーとここにも銀行の高層ビルが。銀行のビルが立ち並ぶ風景は、いかにも金融都市フランクフルトらしいです。

多くの列車が発着するフランクフルト中央駅。マイン川を越えてさらに進んだ先にはフランクフルト国際空港もあります。ドイツで最大規模の空港だけあり、ひっきりなしに飛行機が着陸して行く様子がここからもよく見えますよ。

旧市街の方向へ目を向ければ、レーマー広場や大聖堂、そしてその背後には新しく完成した欧州中央銀行のビルも見えます。町に沿って流れるマイン川もまた美しいですね。

足元には旧オペラ座、その向こうにある横長の建物はフランクフルト大学のキャンパスです。

屋上テラスにはベンチもあり、座りながらゆっくり景色を眺めることもできます。フェンスなど遮る物も無く、すべての景色の素晴らしさがダイレクトに自分に伝わってきます。200メートルの高さから眺める空も、普段見ている空よりより近くにあるかのように感じられますよ。

地上200メートルという高さにありながら、ここは吹きさらしのテラス。そのため、風が強い日には展望台も閉鎖されてしまうので注意が必要です。

屋上からの絶景が楽しめるマインタワー。ぜひ天気の良い日に出かけてみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 マインタワー
営業時間 10:00~21:00(日~木)、10:00~23:00(金・土)
冬期間は閉館時間がそれぞれ2時間早まります
住所 Neue Mainzer Straße 52 – 58, 60311 Frankfurt am Main
電話 069 / 3650 – 4740
HP http://www.maintower.de/