木曽三川公園チューリップ祭2017 海津市 入場無料でチューリップ110品種33万球が描きだす幻想風景が楽しめる

木曽三川公園は、愛知、岐阜、三重の三県にまたがる日本でいちばん広い国営公園です。

その一部である国営木曽三川公園中央水郷地区の「木曽三川公園センター」で、毎年春に開催されているのが木曽三川公園チューリップ祭。

このイベントは入場無料で、無料の大型駐車場も完備されているため、春休み期間には例年多くの家族連れやグループ、カップルで賑わいます。

今年2017年のチューリップ祭は、3月27日(月)~4月16日(日)の3週間。

期間中、チューリップとムスカリあわせて110品種 33万球が園内を彩り、訪れる人々の目を楽しませてくれます。

こちらは木曽三川(木曽川、長良川、揖斐川)の流れをイメージしてデザインされた大花壇。

ムスカリの鮮やかな青で川の流れを、色とりどりのチューリップで波紋を表しているそうです。

例年より1週間ほど早い開幕のためか、筆者が訪れた2017年3月28日に開花していたチューリップは早咲きの品種などで全体の1割~2割程度といったところ。

2017年の見ごろのピークは4月10日ころだそうです。園内のチューリップが咲きそろうと、まるで色とりどりのじゅうたんを敷き詰めたような幻想的な風景を眺めることができます。

チューリップ畑の中を歩けば、おとぎ話の世界に迷い込んだような気分になれるかもしれません。

チューリップ祭の期間中の土日にはいろいろなイベントが開催されますが、毎日開催されているのが「ミッフィーと写そう」というイベント(無料)。

1日4回(10:00~、11:30~、13:30~、15:00~ ※土日のみ4回目が15:30~)開催され、対象は小学生以下のお子さんのいる家族となっています。

整理券が必要なので、お子さんとミッフィーのツーショット写真を撮りたい方は、開催時間の前に「ミッフィーの花絵花壇」前に行って整理券をもらうようにしましょう。

ミッフィーの花絵花壇はこちら。撮影時点ではまだ花はほとんど咲いていなかったのですが、満開になればミッフィーが風船の気球に乗っている花絵が見られるそうです。

チューリップで作られたミッフィーの全貌を見てみたい方は、高さ65メートルの展望タワーに上ってみましょう!

展望タワーの入館は有料で、大人620円、小人(小・中学生)300円。JAF会員の方は、窓口で会員証を提示すると、5名まで割引が適用され、大人500円、小人(小・中学生)240円になります。
なお、6歳未満(未就学)のお子さんは入館無料。

展望室からは木曽三川公園のみならず、はるか遠くまでを見渡すことができます。

もちろん、ミッフィーの花絵花壇もよく見えます。花壇の花が咲きそろったらどんな絵が見られるのか楽しみですね。

広々とした園内には、子ども連れのファミリーが楽しめる大型遊具もたくさん。レジャーシートを敷いてお弁当を広げている家族も見かけました。

木曽三川公園チューリップ祭は入場無料で、大型無料駐車場も完備されているので、節約派のはお弁当と水筒を持参すればほとんどお金を使わず一日楽しめると思います。

園内には屋台やワゴンカーが並ぶ軽食コーナーやマーケットストリート、オランダ特産販売などもあるので、買い食いを楽しみたい方はそちらを利用してみては。

ジャグリングやマジックなどを披露してくれるコメディーパフォーマンスは、3/28、3/30、4/4、4/6、4/11、4/13の日程限定で開催されます。

その他イベント情報は木曽三川公園チューリップ祭2017のイベントページでご確認くださいね。

春休み、家族や友達、恋人と美しい花々に囲まれ、自然の中でのんびり過ごしてみたい方は、木曽三川公園チューリップ祭に足を運んでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名称 木曽三川公園チューリップ祭2017 in かいづ
場所 国営木曽三川公園・木曽三川公園センター(岐阜県海津市海津町油島)
期間 平成29年3月27日(月)~4月16日(日)
開園時間 月~金曜日 9:00~17:00
土・日曜日 8:00~18:00

入場無料、無料大型駐車場完備

※会場すぐ近くに無料大型駐車場がありますが、期間中の土・日曜日は混雑するため、無料巡回シャトルバスが運行されています。
(長良川サービスセンター~長良川大橋下 随時運行)

公式ホームページ http://kisosansenkoen.jp/index.html