世界8都市のご当地バーガーが味わえるワールドバーガーツアー開催!「ハードロックカフェ・ジャパン」。

ボリュームある料理をロックを聴きながら楽しめるアメリカンレストラン「ハードロックカフェ」。

1971年イギリスのロンドンに創業され、現在では世界74ヶ国の主要都市に、カフェ174店舗、ホテル24施設、カジノ11施設を展開。

日本には1983年六本木に日本第1号店「東京店」がオープンし、現在では国内6店舗を展開しています。

そんな日本の「ハードロックカフェ」は、5月15日〜7月17日までの2ヶ月間限定で、海外7ヶ国・8都市のハードロックカフェでしか食べられないご当地バーガーを特別販売する「ワールドバーガーツアー2017」を開催します。

この「ワールドバーガーツアー2017」では、期間を5月15日~6月18日と、6月19日~7月17日の2期に分け、国内各店で世界のご当地バーガーを味わうことができるのです。

今回は、2ヶ月間限定で販売する海外7ヶ国・8都市のご当地バーガーを一挙にご紹介します。

レストランの内装は、アメリカ南部のダイナーと、ロックをモチーフのコンビネーションが特徴。

アメリカらしいチェックのビニールテーブルクロスや、壁面のロックにまつわるデコレーションの数々。マイケルジャクソンやプリンスなど着用した衣装が展示されていたり、名曲や懐かしい曲が流れていたり、ロックが好きな方にはたまらない空間になっています。

・【第1期】English Breakfast Burger(イギリス/ロンドン)

まずご紹介するのは、ハードロックカフェ発祥の地、イギリスの「イングリッシュ ブレックファースト バーガー」。

ジューシーに焼き上げたパテに、グリルしたハム、ソーセージ、フライドエッグを挟んだ、イギリスの朝食“フル・ブレックファースト”を楽しむ事ができるバーガーです。

半熟のフライドエッグから流れ出る黄身が、濃厚でコクのある全体の味付けをマイルドにしてくれます。

・【第1期】Tennessee BBQ Burger(アメリカ/メンフィス)

今回第1期、2期ともに味わえるアメリカのハンバーガー、第1期はメンフィス「テネシー バーベキュー バーガー」です。

パプリカやチリパウダーなどで作った特製シーズニングで味付けしたパテと、ピクルスを効かせたコールスロー、チェダーチーズ、フライドオニオンを挟んだバーガー。

最大の特徴はカリッカリの「フライドオニオン」。チリパウダーやピクルスの酸味とのバランスがよく食べやすい味付けに仕上がっています。

・【第1期】When in Rome Burger(イタリア/ローマ)

イタリアの「ウェン イン ローマ バーガー」は、ほんのりと甘く、さっぱりとした南イタリア産のリコッタチーズにドライトマトを加えたトッピングと、クリスピーに焼いたパンチェッタをパテと一緒に挟んだ“イタリアン”バーガー。

ハンバーガーにはチーズが欠かせませんが、濃厚なイタリア特有のリコッタチーズとカリカリのパンチェッタの組み合わせが味わえるのは「ウェン イン ローマ バーガー」だけ。

・【第1期】Banh Mi Burger(ベトナム/ホーチミン)

「バインミーバーガー」は、ベトナムのサンドイッチをイメージしたハンバーガー。バインミーはベトナムのファストフードと言われ、現地では屋台や駅で販売されているサンドイッチです。

醤油やハチミツ、レモンジュースで作ったソースで仕上げたパテと、キュウリ、野菜のピクルス、パクチーを一緒に挟んであり、一度はベトナムに行かれたことがある方にはとても興味深いハンバーガーではないでしょうか。

・【第2期】Jambalaya Burger(アメリカ/ニューオリンズ)

第1期で発売されたアメリカのハンバーガー第2弾「ジャンバラヤバーガー」は、パプリカやカイエンペッパーとハーブをミックスしたシーズニングを振ってバーガーを焼き上げ、ジャンバラヤやソーセージ、唐辛子が入ったペッパージャックチーズを一緒に挟んだバーガー。

ジャンバラヤは、アメリカ南部の伝統的なお米料理のひとつ。スパイシーな炊き込みご飯として現地で食べられるジャンバラヤがハンバーガーに。ジューシーなビーフパテとボリュームのあるジャンバラヤのカツでお腹を満たしてくれること間違いなし。

・【第2期】Colombian Plantain Burger(コロンビア/カルタヘナ)

「コロムビアン プランテイン バーガー」は、直火で焼き上げたパテと、ルッコラ、ガーリックアイオリ、オニオンソテー、ベーコン、青バナナをフライにしたチップスを一緒に挟んだバーガー。

コロンビアにあるカリブ海に面した街カルタヘナはフルーツ王国!バナナを揚げたパタコンが有名。揚げたバナナに肉、野菜、チーズなどを挟んで食べるサンドイッチの現地の味が日本でも味わうことができます。

・【第2期】Tango Salsa Burger(アルゼンチン/ブエノスアイレス)

アルゼンチンの「タンゴサルサ バーガー」は、ジューシーに焼き上げたパテに、トマト、オニオン、パプリカで作ったフレッシュサルサとグリルしたソーセージ、モントレージャックチーズ、フライドエッグをトッピングしたバーガー。

ラテンアメリカで料理に使われるサルサは、ブエノスアイレスではステーキにもつけて食べるのだとか。8種類の中で特に個性的な味付けがまるでアルゼンチンを旅しているかのよう。ぜひ味わってみてください。

・【第2期】Ole Burger(スペイン/バルセロナ)

最後にご紹介するのは、スペインの「オーレバーガー」。ハードロックカフェ特製のハンバーガーにオリーブオイルやトマト、パプリカで作ったロメスコソースをかけて、カタルーニャ風ベジタブルとフェタチーズを挟んだ地中海風バーガーです。

バルセロナがあるカタルーニャ地方の伝統的なアーモンド・パプリカ・トマトを使ったロメスコソースとボリュームのあるジューシーなビーフパテの相性が抜群です。個性的なスペインのハンバーガーを日本でも味わうことができます。

・ハードロックカフェではカクテルを合わせるのがオススメ!

ハードロックカフェのハンバーガーには、カクテルがオススメ!色とりどりの豊富なカクテルの中から好きなカクテルをチョイスしてみてはいかがでしょうか。

対象バーガーを2期通じて2個以上お召し上がりの方には、ワールドバーガーツアーオリジナルステッカーや旅行券、オリジナルグッズなどが抽選で当たるキャンペーンの応募チケットをプレゼント。

さらに期間中にInstagramやFacebook、Twitterで「#ワールドバーガーツアー」というハッシュタグを付けて、ワールドバーガーツアーのハンバーガー写真をアップした方に、ハンバーガーチケットなどをプレゼントします。

世界8都市の「ご当地バーガー」が日本に集結!この機会に日本にいながら世界旅行気分を体験してみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ハードロックカフェ 東京店
住所 東京都港区六本木5-4-20
営業時間 日曜~木曜・祝日 11:30~02:00 (LO.1:00)
     金曜・土曜 11:30~04:00 (LO.03:00)
お店のHP http://hardrockjapan.com