【世界のカフェ】世界遺産・スプリットの宮殿の中心!クラシックカフェ「ルクソール」で歴史を感じる

クロアチア屈指の観光地、スプリット。

旧市街に足を踏み入れれば、古代と中世が融合した街並みの比類のない美しさと面白さに一瞬にして魅了されます。

そんな旧市街の中核をなすのが、世界遺産にも登録されているディオクレティアヌス宮殿内にある「ペリスティル」と呼ばれる広場。

この絶好のロケーションにあるのが、歴史的建造物を利用した名物カフェ・レストラン「ルクソール(Cafe & Restourant LVXOR)」。建物の基礎部分は、なんと305年建造なのだとか。

ルクソールは、古くからスプリットの文化人や社会的地位の高い人々の社交場になってきました。観光の中心地でありながら、観光客だけでなく地元の人々も訪れていることが、この店が長年愛されていることを物語っています。

「ルクソール」という店名、エジプトを知る方は「あれ?」と思われるかもしれませんね。「ルクソール」とは、古代の都があったエジプトの都市名。かつてこの地に居を構えたローマ皇帝ディオクレティアヌスがエジプトからスフィンクスを持ち帰ったことにちなんで名づけられています。

店内はもちろん、ペリスティルの階段にも赤いクッションの席が用意されています。こんなにユニークなカフェの席は、世界中探してもそうあるものではないでしょう。

コリント式の列柱が立ち、ローマ時代の雰囲気が残るペリスティルを眺めながら、一杯楽しむのもいいですね。

店内は落ち着いた華麗な雰囲気。中央で内装が切り替わっており、ペリスティルに面した手前側が、明るい雰囲気のノスタルジックな空間です。

黄金色のフレームの豪華な鏡やモノクロの写真が飾られた空間は、豪華ながらも親しみを感じさせる雰囲気。

窓に面していて、自然光がたっぷり入るこのスペースは、日中にドリンクやデザートを楽しむのにぴったりです。

一方、奥は石造りの重厚な空間。色鮮やかな天井画が見事です。

どっしりとした円柱が貫録を醸し出すこのスペースでは、ゆったりと食事が楽しめます。

メニューはソフトドリンクやアルコール、デザートにサンドイッチ、パスタやボリュームたっぷりの肉料理までバリエーション豊富。ちょっとした休憩から本格的な食事まで、時間や目的を問わず利用できますよ。

ティータイムに利用するなら、その名も「ルクソールケーキ」はいかがでしょうか。

濃厚なチョコレートケーキの上にチョコレートソースがかかった、チョコレート好きにはたまらない一品です。ケーキの表面は舌の上ですっととろけるなめらかな層、その下が食べごたえのある層になっていて、ひとつで2つの食感が楽しめます。

スプリットの中心、ペリスティルを臨むクラシカルなカフェ・レストラン「ルクソール」。ここは、この街が歩んできた独自の歴史が肌で感じられる場所なのです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ルクソール(Cafe & Restaurant LVXOR)」
住所 Kraj Sv. Ivana 11 21000 Split
営業時間 夏期 8:00~翌1:00、冬期8:00~24:00
電話番号 +385 21 341 082
公式HP http://www.lvxor.hr/index.php