明日、6月1日より登場!コメダ珈琲、夏限定のジェリコの新しい味「飲むとプリン」

名古屋の喫茶店として全国でも人気となっているコメダ珈琲。

まもなく創業50周年を控え、愛知県だけでなく43都道府県に出店し、上海にも進出するほどです。

そんな名古屋の喫茶店文化を全国に発信しているコメダ珈琲より、2014年から夏季限定で販売されている人気商品「ジェリコ」のシリーズに新しい味が登場します。


2014年に販売になった「ジェリコ」とは、「珈琲ジェリーと珈琲」を組み合わせた造語で名付けられた、のむ、たべる、まぜるが楽しめる、新食感デザートドリンクです。


・元祖(上記写真:左)
2014年から登場しているコーヒーベースのジェリコは「元祖」とネーミングされ、アイスコーヒーとコーヒーゼリー、ホイップクリームをのせた定番のジェリコです。

・飲むとプリン(上記写真:右)
6月1日から登場する「飲むとプリン」は、コメダのミルクセーキと、ほんのり苦いカラメルゼリーを使用し、昔懐かしい味わいのプリンの味わいが感じられる新しいジェリコ。ビターカラメルソースが入ることで甘すぎず最後まで美味しく楽しめます。

いずれも7月下旬まで楽しめるジェリコとなっています。


「元祖」、「飲むとプリン」の後、8月1日から登場予定の、新フレーバー「マンゴーヨーグルト」は、マンゴーの王様といわれるアルフォンソマンゴーの果汁をしようしたジェリーに、相性抜群のヨーグルトを使用した甘酸っぱくフルーティーなジェリコです。


また、コメダの夏の名物となっているかき氷にも新発売のフレーバーが登場しています。その名も「ピーチティー氷」

国産の桃を30%使用したみずみずしいシロップをかけ、プルプル食感の紅茶ゼリーがのっていて、一緒に食べると、ピーチティーのような味わいが楽しめるかき氷です。

コメダのかき氷は、大きなブロック氷(カンメ氷)の表面を少し溶かしてから削ってつくられるため、ふわっと軽い口あたりが特長。


「ピーチティー氷」は、ふわふわ氷に染みた桃シロップの甘みが口の中でジュワーっと広がり、みずみずしい味わいと口どけのよさが、まさに「ふわっ、ヒヤッ、じゅわー」な、かき氷です。

こちらのかき氷シリーズは、どのフレーバーもソフトクリーム(110円)や練乳(70円)などをトッピングとして追加することができ、自分好みの「デザート氷」にカスタマイズできるのもコメダならではの楽しみ方。


「ピーチティー氷」にオススメのトッピングは、練乳とソフトクリーム。

ピーチかき氷とソフトクリームの組み合わせでピーチ風味のミルクティ、濃厚なソフトクリームと紅茶ゼリーの組み合わせで、濃厚なミルクティーのような味わい、紅茶ゼリー・ソフトクリーム・ピーチかき氷を同時に食べると、さらにリッチなピーチ風味のミルクティーのような味わいが楽しめますよ。

この他にも、コメダの珈琲を使用したオリジナルシロップと、店舗で手作りしているコーヒーゼリーの組み合わせが楽しめる「コーヒーミルク氷」、昨年人気だった国産の温州みかんを使用した「みかん氷」、スッキリとした味わいになった「いちご氷」や、定番人気の「抹茶氷」と、バリエーション豊富なラインナップで楽しめます。

暑い夏に楽しみたい、コメダならではの「ジェリコ」や「コメダ名物かき氷」を味わいに、お近くのコメダ珈琲店へお出かけになってみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

販売店舗:全国のコメダ珈琲店(一部店舗を除く)
 ※一部の店舗では販売価格が異なります。
 ※一部の店舗では販売をしておりません。
 ※店舗により、販売開始時期が異なります。
公式Facebookアカウント https://www.facebook.com/komeda.coffee
公式Twitterアカウント https://twitter.com/KomedaOfficial
公式ホームページ http://www.komeda.co.jp/