【世界のファミレス】安い・早い・うまい!リガで人気のラトビア料理のセルフレストラン「リド(Lido)」

近年旅先として人気上昇中のバルト三国のひとつ、ラトビア。首都・リガの古い街並みは「リガ歴史地区」として世界遺産に登録されており、世界中からの旅行者でにぎわっています。

そんなリガで、安く、早く、おいしい食事が楽しめるお店が「リド(Lido)」。リガとその近郊に10店舗以上を展開するセルフ形式のチェーンレストランです。

リガの中心部だけでも6店舗あるなか、今回足を運んだのは「Lido Dzirnavas」。新市街のDzirnavu通りにある店舗です。その立派な外観から、どんなお店なのか知らなければ「高いのかな?」とちょっと心配になってしまうほど。

ところが、そんな心配は無用。ここは、セルフサービス形式で、好きなものを好きなだけ食べられる気楽なレストランなのです。

店内に入ってみると、木のぬくもりを大切にした、可愛らしいラトビアの伝統的な内装が出迎えてくれます。

外の通りとはまるで別世界。なんだかテーマパークに迷い込んだような気分です。

お昼どきともなると、地元の人々で大賑わい。誰かが店を後にしたかと思えば、また新しいお客さんが入ってきて、客足が途切れることがありません。

世界のどこでも、地元の人々に支持される店は、それだけの理由があるというもの。期待が高まります。

厨房がある店内の奥に進んでいくと、さまざまな料理がずらりと並ぶ光景が広がっています。

野菜料理に肉料理、魚料理と、色とりどりのおいしそうな料理に興奮せずにはいられません。

サラダバーやスープ、フレッシュジュースやデザートまであり、セルフサービス形式ながらフルコースが完成してしまうほどの充実ぶりです。

ここなら、肉好きも、魚好きも、ベジタリアンだって、誰もが食べたいものを見つけることができるはず。

値段は1品1~3ユーロ程度が中心で、それぞれの料理にワンポーションの値段が表示されています。ただし、サラダバーは量に関係なく、お皿の大きさによって一律に値段が決められています。

一品から利用可能なので、軽く食べたいときから、がっつり食べたいときまで、腹具合と相談しながら料理を選べるありがたい存在なのです。

安くて便利なのはいいとして、問題は「おいしいのか」ですね。

冷めた料理や乾いた料理に遭遇した経験から、作り置きの料理を敬遠したくなる人もいるでしょう。でも、ここでは作り置きながら、出来立てのような新鮮な料理を楽しむことができます。

適正に温度管理を行っているのはもちろんのこと、人気店ゆえ料理の回転が速いために、出来立てに近いおいしさが味わえるのです。

どんどん料理が減っていく裏で、こうして厨房では新しい料理が作られています。

今回筆者がいただいたのは、チキンのハンバーグに野菜のピラフ、赤かぶのサラダに、ボルシチ、ルバーブのジュース。合わせて6ユーロです。

赤カブやルバーブなど、日本では馴染みが薄いものの、ラトビアではポピュラーな食材を使ったおいしい料理がリーズナブルにいただけ、大満足。

安い、早い、うまいと三拍子が揃っているだけでなく、伝統的なラトビア料理が楽しめる「Lido」。リガを旅するなら、一度といわず何度も行きたくなるお店です。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 Lido Dzirnavas
住所 Dzirnavu Iela 74/76, Riga 1010, Latvia
電話 +371 67 284 228
営業時間 月-金 10:00~21:00、土 11:00~21:00、日 11:00~20:00
※ほか系列店舗あり
公式HP https://www.lido.lv/en/