木曽に行ったら絶対食べたいっ! 開田高原アイスクリーム工房のアイスクリーム

標高3,067メートル、日本で富士山の次に高い独立峰、御嶽山の麓に広がる開田高原。

雄大な自然と懐かしい農村風景が広がる標高1100~1300mのこの高原は、日本古来種の馬・木曽馬と蕎麦のふるさととして知られています。

開田高原へ行ったら絶対食べたいのが、美しい水と森で育った乳牛の新鮮なミルクと地元の素材をフレーバーにたっぷり使用した、開田高原アイスクリーム工房のアイスクリーム&ソフトクリームです。

開田高原アイスクリーム工房は、開田高原観光案内所のすぐ近く、木曽馬の里から歩いて10分程度の場所にあります。

こちらで人気のソフトクリームは、ちょっと珍しい「とうもろこし味」(税込364円)。

標高が高く、寒暖の差が激しい開田高原では、甘くて美味しいとうもろこしがたくさん収穫されます。そんなとうもろこしをたっぷり使ったフトクリームは、ぜひ味わってほしいフレーバー。

淡いクリーム色をしたとうもろこしソフトクリームは、さっぱりまろやかなミルクととうもろこしの甘みが合わさって、新鮮なとうもろこしの実を齧ったときのようなみずみずしいおいしさです。

お店の方の話では、このとうもろこしソフトクリームは夏場にとてもよく売れるとのこと。

そのほか、期間限定のソフトクリームもあり、りんごソフトクリーム(ヨーグルト風味)、蕎麦ソフトクリーム、抹茶ソフトクリームなどが月替わりで登場するそうです。

開田高原で収穫されたブルーベリーを使ったブルーベリーヨーグルトとブルーベリージャムの上にバニラソフトクリームをのせたブルーベリーヨーグルトパフェ(税込519円)も、人気の商品。

完熟ブルーベリーの実をふんだんに使用したブルーベリージャムは、甘酸っぱい味わいです。

カップアイスも販売しており、こちらは店先のベンチで食べることも、持ち帰ることもできます。

バニラ、ブルーベリー、とうもろこし、そば、えごま、すぐり、かぼちゃなど、豊かな自然と冷涼な気候のめぐみを受けた農畜産物をたっぷり使ったアイスクリーム。

ソフトクリームは開田高原アイスクリーム工房に訪れた人だけが食べることができますが、カップアイスは木曽郡内の道の駅や、開田高原お土産お食事センター、ファーマーズマーケット彩菜館、御岳ロープウェイなどでも購入できます。

アイスクリームと並んで人気なのが、開田高原・万谷ファームで搾乳された牛乳から生まれた開田高原チーズ。美しい高原の空気の中、丁寧に愛情をかけ、温度管理され熟成されたチーズです。

2009 ALL JAPANナチュラルチーズコンテストで中央酪農会議会長賞を受賞したクリームチーズは、柔らかく、みずみずしく、風味ゆたかなおいしさ。

スーパーに並んでいる大量生産のクリームチーズとはまったく違う味わい&舌触りです。

保冷剤もつけてもらえるので、開田高原のお土産に買って帰れば、きっと喜ばれることでしょう。

地元開田産の牛乳、地元産のブルーベリーやトウモロコシなどを使って作られたオリジナルアイスクリーム&ソフトクリーム、チーズ、スンキ菌(植物性乳酸菌)を使ったヨーグルトなど、自然のめぐみたっぷりのおいしさ、木曽に行ったら、ぜひ味わってみてくださいね。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

【施設詳細】
名称 開田高原アイスクリーム工房
住所 長野県木曽郡木曽町開田高原末川4411-9
電話 0264-42-1133
営業時間 10:00~17:00
定休日 1月~3月は火曜定休、それ以外の期間は無休
公式サイト http://www.hif.jp/
Facebookページ https://www.facebook.com/kaida.kougen.icecream/