11月22日本日リニューアルオープン!「コニカミノルタプラネタリウム“天空”」で立体的な音と美しい星空を体感しよう!

東京スカイツリーの開業5周年に合わせ、東京スカイツリー・ソラマチ7階にある「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in東京スカイツリータウン」が、11月22日(水)にリニューアルオープンします。


今回のリニューアルコンセプトは、「Magic Blue(マジック・ブルー)」。


夕暮れから星々が煌めき始める僅かな時間に訪れる、全てが青に染まる現象「マジック・ブルー」のような特別で奇跡的な瞬間を体現するため、最新の立体音響、投映システム、プレミアムシートなどを新たに導入されました。


高輝度LED光源を新たに採用した光学式投映機「Infinium S(インフィニウム エス)」や、ソニーのネイティブ4Kレーザープロジェクタ2台を使ったデジタルプラネタリウムシステム「Media Globe Σ(メディアグローブシグマ)」を導入するなど投影システムを刷新するほか、最新の音響「サウンド・ドーム」も導入されており、球体のドームを埋め尽くすように配置された43個のスピーカーからは、まさに空から音が降り注ぐように前後左右だけではなく上下や回転といった、これまで以上にきめ細かい極上の音質体験が可能になりました。


美しい星空や音響を楽しむシートにもこだわりがあり、「三日月に腰かけて星空を眺めることができたら」をコンセプトに作られた「三日月シート」は3席のみの特別なプレミアムシートとなっています。

誰にも視界を邪魔されることなく寝転んで見上げる星空が楽しめる「三日月シート」は、特別な日のお出掛けや、デートなどにオススメな特別席です。利用料金は1シート2名(小学生以上)で4,000〜4,400円(プログラムによって異なる)です。


また、今回のリニューアルでは全てのシートに多言語音声システムが設けられ、英語の他にも中国語・韓国語でも楽しめるようになりました。


22日(水)からリニューアルオープン記念の新番組2つが上映開始になります。

セーヌ川越しのパリの夜景、夜空に浮かぶモンサンミッシェル、そしてピック・デュ・ミディ天文台から見える満天の星々が楽しめる「フランス 星めぐりの空で」(約40分)は、新たに導入される最新音響システムに対応しており、フランス現地で収録された街の雑踏をも、臨場感豊な音場で再現されています。

エンディングに流れてくるシンガーソングライターのAimer(エメ)さんのデビュー曲「六等星の夜」は、プラネタリウム“天空”のためにリアレンジされたもので、星々が煌めくドームに響き渡るAimer(エメ)さんの歌声は必聴です。

ヒーリングプログラムの「きみを乗せたこの列車の向かう先には 美しい星空が待っている~Ticket to Starry Night~」(約45分)は、疲れた心と身体を癒す心地よいアロマの香りと共に、ゆったりと流れる時間と星空空間が楽しめます。

いずれも上映期間は2018年9月17日までとなります。料金はプログラムによって異なりますが、「フランス 星めぐりの空で」は2018年1月31日まで特別価格1,500円で鑑賞できます。(通常料金は1,700円)。


ショップもリニューアルされ、「星空のある豊かな生活」をコンセプトに、星や宇宙にまつわる雑貨などが揃うセレクトショップとなっています。


また、全面改装されたホワイエ(ロビー)は、ドーム入場まで壁面全体を使ったプロジェクションマッピングが楽しめる空間となっているので、施設に一歩足を踏み入れた瞬間から見逃せません。

新しく生まれ変わった「コニカミノルタプラネタリウム“天空”」で、立体的な音と美しい星空を体感してみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

施設名 コニカミノルタプラネタリウム“天空”
住所 東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ7階
営業時間 10時の回~21時の回
料金 各作品・席種によって異なります(ホームページよりご確認ください)
ホームページ: https://www.planetarium.konicaminolta.jp/tenku/