多くの吞ん兵衛を魅了してきた絶品珍味のお店 / 横浜・狸小路の「豚の味珍(まいちん)」

様々な地域に様々な銘店といわれる居酒屋はあれど、最高のお店は人それぞれ違う。

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

そんな美味しい居酒屋の中から、今回は、昭和の風情が残る横浜駅北口にある狸小路の居酒屋「豚の味珍(まいちん)」をご紹介したい。

・横浜駅北口から徒歩1分の狸小路
横浜駅北口から徒歩1分の場所にあるこちらのお店は、狸小路というエリアにある。

実はこの名前、北海道のススキノにある狸小路商店街が由来。こちらのお店のオーナーが北海道出身だったことから、この名前がつけられたとのこと。

横浜駅という大都市のターミナル駅にありながら、狸小路の門をくぐると、一気にそこは昭和の時代へとタイムスリップしてしまう。

そんな昭和レトロの世界に、「豚の味珍(まいちん)」はあるのだ。


・豚の珍味を思う存分味わう、それが「豚の味珍(まいちん)」の流儀
こちらのお店、豚の珍味が一通り味わえるお店。逆に言えば、豚の珍味以外のメニューはほとんどない。

初めての方は、写真付きの1枚のメニューボードを見せてもらえるので、それを参考に注文してもいいだろう。

そして気をつけたいのだ注文する前に行う儀式だ。

こちらのお店、まず、お皿にマスタードを好きなだけとり、それを酢で溶いて自分だけのオリジナルソースを作る必要がある。

ピリ辛が好きな方は自家製のラー油を加えて、辛みの効いた味わいで楽しむことをオススメする。

自分好みのタレが出来上がったのなら、いよいよ注文だ。

豚の珍味メニューでオススメは常連のほとんどがオーダーするシッポ。

ねっとりと濃厚な軟骨と豚のシッポの味わいは絶品。

もちろんマスタードと酢の自分好みのタレとも相性はバツグン。シッポの骨の周りに付いた肉や軟骨をチューチューと吸いながら、好みの酒を味わう。

昭和ノスタルジーでありながら、決して色あせる事の無い美味しい味わいは、まさにクセになる味わいなのだ。

豚のミミは通常はそのコリコリとした食感を楽しむものだが、こちらの豚のミミはそれとは異なる。

濃厚なウマミたっぷりの中に、軟骨そのものも柔らかいコラーゲンのように仕込まれている。

それらを酢とマスタードのタレにつけてサッパリと頂くのだ。まさにここでしか味わえない味わいがある。

さらに豚のカシラを集めてチャーシューのようにした、豚の頭も捨てがたい。

カシラ特有の食感とウマミ、それらを豚の煮こごりが優しく包み込んでいる。もちろんそのままでも美味しいし、酢とマスタードのタレにつけても美味しいのは言うまでもない。

もしかすると濃厚な豚のウマミばかりだと飽きてしまうのでは?と思う方もいるかもしれない。

そんな方には、サッパリとしたラーパーサイをオススメしたい。

ピリッと辛めの白菜の漬け物は、非常にさっぱりとしており、豚の濃厚な珍味たちの味わいをひとくちでサッと洗い流してくれる。

・豚の珍味以外でオススメしたい、馬刺し
こちらのお店、豚の珍味以外に注文できるメニューはほとんどない。

しかしながら豚の珍味以外のメニューについても、どれも美味しい。

なかでもオススメなのが馬刺し。

柔らかく脂ののった馬刺しは非常に濃厚なウマミたっぷりの味わい。

生姜もしくはニンニクをつけて味わえば、口の中でゆっくりと馬刺しがとけて、そのウマミが広がっていく。

そんな美味しい肴で好みの酒を流す、まさに、吞ん兵衛の天国がそこにはある。

今年もあと1ヶ月程度。

大都会のターミナル駅、横浜駅北口に残る昭和の香りを探す散策に出かけてみてはいかがだろうか?

きっとそこには、多くの常連さん達が愛してきた、昭和の美味しい味わいがあるにちがいないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 味珍 (まいちん)
住所 神奈川県横浜市西区南幸1-2-2
営業時間  16:30~22:30
定休日 日曜・祝日
お店のHP http://www.maichin.jp/