【スペイン】アンダルシアの断崖絶壁の町・ロンダで最高の絶景に出会う町歩き

日本ではあまり知られていないものの、「断崖絶壁の町」としてスペイン人のあいだで高い人気を誇るのがロンダ。

スペイン南部・アンダルシア地方に位置するロンダは、ロンダ山地を流れるグアダレビン川の浸食によって生まれた深い峡谷の上に築かれた町です。

切り立った断崖絶壁の上に建てられた家々や、はるか彼方まで広がる原野・・・息を呑むほどに壮大なロンダの風景の数々は訪れる人々を魅了してやみません。

いたるところで絶景に出会えるロンダのなかでも、とっておきの景色が楽しめる4つのスポットをめぐってみましょう。

・ヌエボ橋

ロンダのシンボルが、旧市街と新市街をつなぐヌエボ橋。18世紀に完成した石橋で、「新しい橋」の意味をもつ「ヌエボ橋」という名前は、16世紀にこの下に架けられた「ビエホ橋(古い橋)」との対比から付けられました。

およそ100メートルの高さがあるヌエボ橋の下には深い谷が待ち受けていて、谷から這ってきた巨人のような岩の上に白い家々が並んでいます。その光景のあまりの迫力は、現実離れして感じられるほど。

どこからでも素晴らしい景色が楽しめるヌエボ橋ですが、新市街側から旧市街に向かって橋を渡りきった左側には展望台があり、波打つようなカーブを描く巨岩と白い家々が織り成す驚くべき風景が楽しめます。

・ロンダ展望台

闘牛場のほど近く、三木春日広場の奥に設けられた展望台は、荒々しい岩山の上に築かれたロンダの町並みが見渡せる場所。切り立った岩山のてっぺんには白い家々が建ち、どこまでも広がる乾いた原野へと続く道は城壁によって守られています。

「よくこんなところに町を造ったもんだ」と思わずにいられない、ロンダの特異なロケーションにますます圧倒されること間違いなし。

・サンタ・マリア・ラ・マヨール教会

旧市街の中心部に建つサンタ・マリア・ラ・マヨール教会は、15~16世紀にかけてモスクの跡地に建てられた教会。ロンダの守護聖人を祀る重要な教会で、内部には黄金色の精緻な装飾で彩られた祭壇をはじめ、美しい芸術作品が詰まっています。

教会のテラスからはロンダの町並みを一望。ロンダの町を歩いていると、あまりにも迫力満点の断崖絶壁にばかり意識が向きがちですが、白壁に赤茶屋根の家々が連なる町並みもまた美しいのです。

町がどれほど多くの観光客で賑わっていようと、ここからの景色を眺めていると時が止まったかのような静けさを感じることができます。

・城壁

サンタ・マリア・ラ・マヨール教会から東に進むと、12世紀のイスラム支配時代に築かれた城壁が目に入ります。ここでは城壁の上にのぼって歩くことができ、眼下に広がる「ザ・アンダルシア」とでもいうべき乾いた大地と白い町が織り成す風景は壮観。

城壁の上はさほど高さがないぶん、サンタ・マリア・ラ・マヨール教会のテラスからの景色とはまた違う、段々畑のように白い家々が折り重なる立体的な町並みを楽しむことができます。

堅牢な城壁そのものも迫力満点で、ロンダが自然の要塞としての機能を強化して造り上げられた要塞都市であったことが実感できるはず。

ダイナミックな自然と人工物が見事に調和したロンダの町は絶景の宝庫。

唯一無二の景色ゆえ、すでに見た景色であってももう一度、あるいはまた別の角度から見たくなります。ロンダを訪れたら、ぜひあなたのお気に入りの絶景スポットを見つけてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア