京都観光の合間に / 京都市上京区「俵屋吉富」出来立ての京菓子と宇治抹茶で休憩してみてはいかが?

宝暦5年(1755)創業の京菓子の老舗「俵屋吉富」。京都の室町に本店がある京都を代表する京菓子店です。京都の表通りである烏丸通りに面する「烏丸店」は、昭和53年開業。

今年の干支である戌(いぬ)のおまんじゅうをはじめ、四季折々の生菓子や季節の干菓子も多く揃っています。

その中でも「俵屋吉富」の代表銘菓「雲龍」は、7代目が、烏丸店近くにある相国寺の雲龍図に魅せられて創った逸品。今も昔と変わらず1本1本が手作りでしっとりとした上品な味わいが人気のお菓子です。

烏丸店では隣接地に「京菓子資料館」を設けています。

「京菓子資料館」では裏千家十五世鵬雲斎千宗室御家元ご命名の立礼席があり、こちらでは隣接する工場よりその日に作った生菓子を京都宇治の抹茶とともに味わうことができます。

お菓子は季のものを常時3~4種類と、代表銘菓「雲龍」の中から好きなものを選ぶことができます。関東の生菓子は形がとても具体的で色彩も豊か。繊細な技術でそれらをまとめ上げていますが、京菓子は形が抽象的で京都らしいやわらかな印象。

「俵屋吉富」のこだわりのひとつは、京菓子作りに使用する「水」。京都御所に程近い本社工場に井戸を採掘し、「天然水」を使ったより美味しい京菓子作りに取り組んでいるのだとか。

・京都観光の合間に休憩の場として

来年1月からJR東海で発売する旅行商品「そうだ京都、行こう。」に掲載の、日帰り・1泊2日プランの商品を申し込むと付いてくる「限定新作京菓子+お茶セット」のクーポン券で「俵屋吉富」の京菓子を楽しむことができます。(写真は2月の菓子「春東風」)

京都市・京都市観光協会が開催する「京の冬の旅」で紹介する非公開文化財特別公開や、冬の京都を堪能できる定期観光バスの特別コースと合わせて京都のレアスポットを楽しんでみてはいかがでしょうか。

・2種類の小豆を使ったこだわりの和菓子

小豆は、丹波大納言小豆と北海道産小豆の2種類を使用。 丹波大納言とは、炊いても小豆の皮が破れにくい大粒の丹波産小豆の意。この小豆は主に雲龍や上生菓子類などに使われています。

「京菓子資料館」2階では、京菓子に関する古文書、絵画、美術工芸品、道具類や、糖芸菓子も展示しています。

日常の喧騒を忘れ、静寂の空間で、抹茶と京菓子で寛いでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 俵屋吉富 烏丸店
住所 京都市上京区烏丸通上立売上ル
営業時間 9:00~18:00
定休日 水曜日
関連ページ http://souda-kyoto.jp/travelplan/index.html