真冬のロンドンを彩どる光の祭典、ルミエール・ロンドン2018

毎年11月初旬から華やかなクリスマス・ライトが街中をロマンティックに照らし、クリスマス気分が盛り上がるロンドン。

クリスマスが過ぎた後もそれらのライトはすぐに取り払われることはなく、多くの場所で1月第1週から2週くらいまで飾られています。

そのクリスマス・ライトが一掃された後に開催されるのが「ルミエール・ロンドン(Lumiere London)」。

2009年にイギリス北東部の町「ダラム(Durham)」で始まったイベントは、ロンドンでは2016年に初開催され、2018年は2年ぶりにロンドンに戻ってきました。

国内外のアーティストが製作した芸術的なライティングが、ロンドン中心部の6つのエリアに50以上出現し、それらは全て無料で楽しめます。

今回はすでに終了してしまいましたが、2018年1月18日~21日間に開催されたルミエール・ロンドンの様子をご紹介しましょう。

まずご紹介したいのがウェストミンスター寺院で行われたThe Light of the Spirit (Chapter 2)。

2016年のルミエール・ロンドンでも人気を集めた、フランス人ライト・アーティスト「パトリス・ウォレナー(Patrice Warrener)」氏によるプロジェクション・マッピングで、歴史的建造物「ウェストミンスター寺院(Westminster Abbey)」が極彩色で彩られ、多くの人々を魅了しました。

この作品は今回のイベントの中でも最も大規模な作品のひとつで、その迫力には圧倒されます。

次にご紹介するのが、ロンドン中北部にあるターミナル駅「キングス・クロス」の周辺で行われたWaterlicht。

駅周辺の再開発でイベントなどが開催される広場となった「グラナリー・スクエア(Granary Square)」に登場したこの光の芸術は、オランダ人アーティスト「ダーン・ローズガールデ(Daan Roosegaarde)」氏による環境問題を提議したインスタレーション。

「地球温暖化により海面上昇が進み、我々の住む町が水に沈んでしまったら……」という仮定のもとに創造された空間は、人工的に発生させた煙に光を投影させ、煙の動きとライトの動きでバーチャル洪水を表現するという、幻想的な空間を体験できる作品。


そして、フランス人ビジュアル・アーティストで舞台デザイナーの「フィリップ・モルヴァン(Philippe Morvan)」氏による光と音のインスタレーション「Dot」。

175個の電球が音楽に連動し、絶え間なく変化を見せるこの光の芸術は、まるで映画音楽のような壮大でドラマティックな音楽に呼応した光の伴奏はまさに圧巻です。

そして、カナダの建築事務所「カンヴァ(Kanva)」の「レミ・ビバウィ(Remi Bebawi)」氏によるインスタレーションは、「風に揺れる小麦畑」へのトリビュート作品「Entre les rangs」。

幾千もの反射板にライトが反射し、不思議な植物のようにも感じる光の芸術は、多くの人々を魅了していました。

こちらのキングスクロス周辺の会場では光の芸術ならぬ光のお菓子も提供されていました。

そして、次にご紹介するのがチャイナタウンとレスタースクエア周辺。

イギリスのランタン製作会社「Lantern Company(ランターン・カンパニー)」の手によって、チャイナタウンと隣接するロンドンの演劇と映画の中心地、レスタースクエアがマジカルなガーデンへと変身していました。

この光の芸術の名前は「Flamingo Flyway」。日ごろから煌びやかなチャイナタウンに空飛ぶフラミンゴが登場し、人が歩きながら操作するフラミンゴはチャイナタウンをゆっくりと優雅に飛び回ります。

そしてレスタースクエアで行われたNightlifeという光の芸術はまるで童話の世界のようなイルミネーション。



イルミネーションはここにご紹介した他のエリアにも多数あり、一日では到底回りきれないほど。

また、これまでロンドンでは木曜日から日曜日の4日間に渡って開催されていますが、例年木曜日が比較的混雑が少ない様子です。

ルミエール・ロンドンについては来年の開催も期待したいですが、来年開催されるかどうかは分かりません。

ただ、1月のロンドンは冬のセールもあるため買い物天国。来年の冬の旅行先の候補の1つに、ロンドンを加えてみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア