【誰にも教えたくない日本の隠れ家】酒屋の奥に潜む角打ちとは言えない立ち飲みスポット、兵庫県明石市の「立ち呑み処 たなか屋」

様々な地域に様々な銘店といわれる居酒屋はあれど、最高のお店は人それぞれ違う。

どんな居酒屋にもそのお店に通う人々の思いが重なり、そしてそのたくさんの思いは居酒屋の持つ雰囲気となるのだ。

それゆえ、日本各地に多く人々を虜にする居酒屋がキラ星のごとく存在している。

例えば、あの吉田類も絶賛する大衆酒場、東京・江東区南砂町の「山城屋酒場」に、沖縄・石垣島で旬の魚介と沖縄料理を味あわせてくれる名店「居酒屋 錦(にしき)」新潟の郷土料理からラーメンや洋食まで味わえる新潟市・古町の老舗居酒屋「喜ぐち(きぐち)」北海道は小樽の絶品のおでんと日本酒を楽しめるお店「酒処 ふじりん」に、北海道随一の日本酒の品揃えと美味しいツマミのお店札幌市北区「味百仙(あじひゃくせん)」、さらには名古屋にいったら絶対に行っておきたい居酒屋「歓酒亭 大安(かんしゅてい だいやす)」などなど、数え上げればキリがない。

今回はそんな日本全国の数々の美味しい居酒屋の中から、兵庫県明石市の酒屋の奥に潜むお店を紹介したい。

お店の名前は「立ち呑み処 たなか屋」。

・明石が誇る商店街「魚の棚商店街」にある唯一の酒屋、それが田中酒店
「魚の棚商店街」とは、明石市駅前にある明石を代表する商店街。

軒を連ねるお店は、瀬戸内海で取れた美味しい魚介類やそれらを使った練り製品、乾物などを扱っており、延べ100店舗以上がこの商店街に集まっている。

そんな商店街にある唯一の酒屋が「立ち呑み処 たなか屋」の母体なのだ。

田中酒店では日本全国から美味しいお酒を集めており、長野県松本の名酒「大信州」や奈良県御所市を代表する美味しいお酒「風の森」など、日本酒好きなら満足できる品揃えでお客様をもてなしてくれる。

そんな名酒を取り扱っている酒屋が運営しているというだけで、「立ち呑み処 たなか屋」が素敵な場所であるということは分かって頂けるだろう。

・まるで秘密基地のようなアプローチと店内
こちらのお店、酒店の脇にある非常に細い廊下の奥にある、まさに秘密基地のような店内へのアプローチ。

一瞬物置のようなスペースにも見えるかもしれないが、恐れずにそのまま奥へと進むと、

ようやく扉の先に立ち飲み屋がある事が分かる。

旅先で出会うこのような探検は、ただ単に美味しいお酒やご飯を頂くというだけでなく、旅の記憶にも残る、まさにアトラクションの1つと言っても過言ではないだろう。

そんな体験ができるのがこちらのお店の嬉しいポイントだ。
IMG_6593

・大人の隠れ家のような店内で頂く美味しいお酒と瀬戸内の海の幸
大人の隠れ家のようなこちらのお店に無事入店できたのなら、日ごとに変わるメニューや美味しいドリンクメニューの中から、心のおもむくがままに注文してもらいたい。

美味しい地ビールにワイン、そして店主が厳選して選んだ美味しい日本酒が、店内の様々なところにリストアップされているため、もしかしたら迷ってしまうかもしれないが、この迷っている時間もなかなかオツなのだ。


ドリンク類のお供には、目の前に所狭しと並べられた美味しいおばんざいの中からまずは選んでみるのもいいかもしれない。

もちろん、美味しい瀬戸内の魚介類や明石名物の地タコがオススメなのは言うまでもない。

そんなメニューを選ぶ時間を楽しんだのなら、自分好みの酒と選んだ美味しいお酒のお供を心ゆくまで楽しんでもらいたい。

そんな充実した時間をこのお店で過ごす、まさにその行為は明石の真髄に触れることと同義であることを痛感するに違いないのだ。


地元のお店だからこそ提供できる美味しいお酒と美味しいメニュー。

季節はもう3月、春の足音が聞こえてくる昨今。

そんな唯一無二の存在であるお店に出会う、春の訪れとともにそんな旅に出かけてみてはいかがだろうか?

春だからこそ味わえる美味しい出会いは、きっとその旅をこれまでの旅よりももっと楽しくしてくれるに違いないのだ。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 立ち呑み処 たなか屋
住所 兵庫県明石市本町1-1-13
営業時間
月曜日・火曜日・水曜日・金曜日12:00~14:00 / 17:00~21:00
日曜日・祝日 12:00~18:00
定休日 木曜日・土曜日
公式HP http://sake-tanakaya.com/
※非常に人気のお店のため、予約を行ってから訪問することをオススメします。