キリンの工場直送生ビールを片手に肉料理にかぶりつける最高のレストラン!キリンビール名古屋工場内のレストラン「ブルワーズハウス(BREWER’S HOUSE)」

愛知県西部、名古屋市に隣接する清須市にあるキリンビール名古屋工場は、できたてビールを試飲できる「一番搾り うまさの秘密体感ツアー(無料)」などの工場見学で人気のスポット。

その工場敷地内に、ニューヨークスタイルのレストラン、BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)があります。

営業時間が朝9時~23時(日・祝は22時)までと長く、遅めの朝食やランチ、カフェ、ディナーと幅広く利用できるBREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)。

ランチメニューのブルックリン・バーガーも人気ですが、今回は豪快な肉料理が食べられるディナータイムに訪れてみました。

アメリカ、ニューヨークをイメージしたというブルワーズハウス。古い工場にありそうなパイプをインテリアにした入り口を抜けて店内に入ります。

大きな窓から明るい光が差し込むランチタイムやティータイムとは違った雰囲気。

テーブル席(イス席&ソファ席)のほか、カウンター席もあります。

BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)はキリンビール工場工場の敷地内レストランだけあって、キリン一番搾り生ビール、一番搾り プレミアム、キリン一番搾り〈黒生〉、キリン ラガービール、よなよなエールなどさまざまな生ビールが揃っています。

ちなみに、一番搾りとキリンラガーの2種類が、ここキリンビール工場で作られた樽を使用しているとのこと。

ということで、まずはキリンラガーの中ジョッキで乾杯! 低温で熟成させるラガービールは、喉にグッとくるコクと飲み応えのある味わいが特徴です。

いろんな種類のビールを少しずつ飲んでみたい方には「飲み比べセット」もおすすめ。

15品目野菜と雑穀のファーマーズサラダ。数人で取り分けて食べられる量です。

ラクレットチーズ 彩り温野菜は、本場・スイスから取り寄せたというラクレットの器械を使って、スタッフが目の前でチーズをかけてくれます。

とろーりとラクレットチーズがかかった温野菜やバゲットはそれだけでご馳走。鉄板もアツアツでチーズが固まりにくいのが嬉しいです。

メインの肉料理は、ニューヨークカットステーキ、12時間マリネの自家製ローストビーフ、ベイビーバックリブ、愛知みかわビーフ シンタマのグリル、ミートボールなど、生ビールを片手にかぶりつきたいメニューが勢ぞろい。

ニューヨークカットステーキは1/2ポンド(225g)と1ポンド(450g)の2サイズから選べます。(上写真は1ポンド)

19世紀の半ば、ニューヨークのレストラン『Delmonico』で出された分厚い霜降り肉のステーキに名前の由来があるというこのカットステーキは、とても柔らかく、ジューシー。

ベイビーバックリブはハーフサイズ(350g)とフルサイズ(700g)から選べます。(上写真はフルサイズ)

ベイビーバックリブは、スペアリブとは違うロースの部分の骨付き豚肉。脂が少なく柔らかな食感で、アメリカではスペアリブよりも主流のカット方法だとか。

甘辛いバーベキューソースがたっぷり絡んだベイビーバックリブは、子どもには少しスパイシーかもしれませんが、旨みたっぷり。ナイフとフォークが出てきますが、手に持ってかぶりつきたくなります。

ビールが進むこと請け合いです。

おつまみにぴったりなフィッシュフリッター。

優しい味わいの牛肉のラグーとマッシュポテトのグラタン。

店内には夕方早めの時間には子ども連れの家族、もう少し夜が更けると仕事帰りと思しきグループやカップルでにぎわいます。

ビール工場らしさを感じるインテリアもおしゃれ。

できたての工場直送ビールといっしょにおいしい肉料理をを楽しみたい方は、キリンビール名古屋工場内・BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)に足を運んでみては。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 BREWER’S HOUSE(ブルワーズハウス)
住所 愛知県清須市寺野花笠100 キリンビール(株)名古屋工場内
電話 052-400-8260

営業時間 
月曜日〜土曜日 9時~23時(L.O.22時30分)
日曜日・祝日(連休の場合最終日のみ)9時~22時(L.O.21時30分)

公式サイト http://www.kirin.co.jp/entertainment/factory/nagoya/restaurant/