“煎りたて・挽きたて・淹れたて”のこだわり珈琲が味わえる!『日比谷焙煎珈琲』が東京ミッドタウン日比谷に3月29日にオープン

日本を代表する商業エリアであり、銀座からも徒歩圏内にあることから多くの観光客が訪れる「東京・日比谷」。

日本初の洋式劇場である帝国劇場、帝国ホテルは日本で初めてバイキングという食のスタイルを提供し、日本で初めて一から造られた洋風近代式公園である日比谷公園など、「日比谷」は明治維新以降、日本の近代化をリードするエリアでした。

そんな日比谷エリアに、新たに大規模複合施設が誕生しました。それが「東京ミッドタウン日比谷」。

今回ご紹介するのは、3月29日にオープンする「東京ミッドタウン日比谷」地下1階の『日比谷焙煎珈琲』です。

・「東京ミッドタウン日比谷」地下1階は「HIBIYA FOOD HALL(ヒビヤフードホール)」

『日比谷焙煎珈琲』は、バラエティ豊かな8つの専門店が立ち並ぶ「HIBIYA FOOD HALL」の一店舗です。本場ニューヨークを彷彿させる本格派フードコートは、専門店毎の仕切り壁を持たず、ホール全体が一体となっており、上質さと新しさが融合されたニューヨークスタイルの空間となっています。

・ガラス張りの焙煎室が併設されている

『日比谷焙煎珈琲』はガラス張りの焙煎室が併設されており、厳選したコーヒー豆をバリスタが実際にローストしているシーンを見ることができます。

店内は常に挽きたての珈琲の香ばしい香りに包まれています。

豆は厳選した高品質な豆を、季節毎に3種類販売をしています。銘柄のもつ酸味がより強調される浅入りと、深いコクを感じる深入りのバリエーションがラインナップされています。

珈琲メニューは、日比谷焙煎珈琲(ドリップ)からエスプレッソ、ミルクを使用したラテなど幅広く選ぶことができます。

ドリップコーヒーの豆は「ブラジル イエローブルボン」、クラシックマヤはグアテマラ。珈琲の特徴や味は、お店のバリスタに聞きながらお気に入りの味を見つけてみてはいかがでしょうか。

コーヒーはテイクアウトだけでなく、イートインもできますので、バリスタがこだわり抜いた香り高い珈琲をゆったりと楽しんでみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 日比谷焙煎珈琲
住所 東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷B1
営業時間 9:00〜23:00
定休日 東京ミッドタウン日比谷に準ずる
お店のHP https://www.hibiya.tokyo-midtown.com/jp/restaurants/80610/