バスに鉄道、モロッコを個人で旅するために知っておきたい交通手段のポイント

エキゾチックなメディナ(旧市街)や雄大な砂漠など、多彩な風景で世界中の旅人を惹きつけるモロッコ。しかし、モロッコ国内を個人で移動するとなるとハードルが高いと感じる方もいるかもしれません。

モロッコの国内移動は決して難しくはありませんが、日本とは勝手が違う部分や注意が必要な点がいくつかあります。モロッコを個人で旅するうえで役立つ交通手段のポイントをお伝えしましょう。

・モロッコで最も便利な交通手段はバス

モロッコ国内で最も便利な交通手段は、なんといってもバス。バスであれば鉄道が通っていないような地方都市や砂漠地方にもたいていアクセスできるので、モロッコで一番お世話になる公共交通機関はバスかもしれません。

モロッコのバスは大きく分けて3種類。国営のバス会社CTMと鉄道系列のスプラトゥール、そしてそれ以外の民営バスです。

小さな町を除いて、モロッコの都市には複数のバスターミナルがあることが多く、CTM、スプラトゥール、民営バスの乗り場がそれぞれ違うということもあるので、事前にしっかりと位置を確認しておきましょう。

また、モロッコのバスは遅れるだけでなく定刻より早めに出発することもあるので、バスターミナルへは時間に余裕をもって到着を。

・モロッコでバスに乗るならCTMかスプラトゥールがおすすめ

CTMとスプラトゥールのバスは比較的新しく、車体のメンテナンスもしっかりされている一方、その他の民営バスは会社や路線によってかなり差があります。CTMに引けを取らないきれいなバスから、今にもエンストしてしまうのではないかと思うような古くボロボロのバスまで千差万別。

しかも困ったことに、どんなバスに乗ることになるのか直前までわからないことがほとんど。チケット売場に新しくてきれいなバスの写真が掲載されていたとしても、実際には写真と似てもにつかないおんぼろバスがやってくることもあるのです。

車体の当たりはずれが激しいことに加え気を付けたいのが、民営バスには定員がなく、正式なバス停でないところでもあちこちで乗客を乗せたり降ろしたりするために、予想以上に時間がかかるケースがあること。筆者自身、民営バスのチケットを買うときには所要4時間と言われたにもかかわらず、実際には6時間ほどかかった経験があります。

その点、CTMやスプラトゥールなら満席になったらそれ以上乗客を乗せることはありませんし、正規のバス停以外で乗降させることもありません。

CTMやスプラトゥールでも時間に遅れるときは遅れますが、民営バスに比べると極端な遅れは少ないといえるでしょう。また、乗客の入れ替わりが少ないので、防犯の面からも比較的安心です。

・フェズ~シャウエン間のCTMは予約必須

CTMとスプラトゥールは事前の座席予約を受け付けています。CTMはオフィスまたはホームページでチケットの事前購入が可能。ただしインターネットで事前購入ができるのは、乗車日の2日前までです。

スプラトゥールは2017年11月現在インターネット予約のシステムはなく、原則として乗車日前日からオフィスでチケットの事前購入が可能です。

席に空きがあれば当日バスターミナルでチケットが買えるケースも多々ありますが、注意したいのはCTMのフェズ~シャウエン間。

観光客に人気があるわりに運行本数が少ないこの区間は、必ずといっていいほど満席になるので、当日バスターミナルに出向いたとしてもチケットを買うのは難しいでしょう。

できれば日本にいるうちにCTMのホームページから予約しておくと安心ですが、日本のクレジットカードの場合決済がうまくいかないこともあるので、その場合はモロッコに着いたらできるだけ早めにチケットを購入しておくのがおすすめ。CTMのチケットはバスの出発地以外の町でも事前購入が可能です。

・主要都市間の移動なら鉄道も便利

主要都市間の移動なら鉄道も利用価値があります。列車のチケットは駅の窓口で購入できますが、大きな駅では窓口に行列ができていることも多いので、自動券売機を利用したほうが早いことも少なくありません。

モロッコの鉄道を利用するうえで覚えておきたいのは、日本の鉄道に比べてはるかに遅延が多いということ。それも5分や10分の遅れでは済まないことが多いので、乗車距離が短い場合は、乗車時間よりも遅延に伴う待ち時間のほうが長かったなんてことも・・・

鉄道を利用する際は、あらかじめ遅れることを想定して、時間に余裕のある旅程を組むようにしましょう。

・大都市には複数の鉄道駅がある

カサブランカやラバトなど、大都市には複数の駅があります。列車によっては片方の駅にしか停まらない場合もあるので、自分が目指すべきはどの駅なのかを把握したうえで、乗る列車を決める必要があります。

列車のスケジュールはモロッコの鉄道ONCFのホームページで検索可。

・バスと鉄道で迷ったら駅・ターミナルの場所を見比べて

バスか鉄道、どちらで移動するか迷ったら、まずはスケジュールを見比べると思います。「より便利な時間帯の便があるほうで」とすんなり決まる場合はいいのですが、どちらも似たり寄ったりの場合は、スケジュールだけでなく駅とバスターミナルの位置もチェック。

町によってはバスターミナルは町の中心部から離れた郊外で、鉄道駅は比較的中心部に近いところにある場合もあります。目的地に着いてからの移動の流れも踏まえて交通手段を選ぶと、旅がよりスムーズになるはずです。

・旅程によっては飛行機を活用する方法も

モロッコでは、基本的に陸路の交通手段を使って周遊旅行を楽しむのがおすすめですが、カサブランカ~ワルザザート間など短時間で長距離を移動する必要がある場合には飛行機を利用するのも手。

モロッコ航空は、モロッコの主要都市間をほとんど網羅していますが、カサブランカ発の便が多く、地方都市発着の場合はカサブランカで乗り継がなければならないことがほとんどです。

日本に比べると「便利」とはいえないモロッコの交通手段ですが、事前に注意すべき点を知っておけば思いのほかスムーズに移動ができるはず。

多少の遅れやイレギュラーなども「海外ならではの経験」ととらえる余裕をもってモロッコの国内移動を楽しんでください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア