ゲーテや森鴎外も通った、ドイツ・ライプツィヒの名物レストラン「アウアーバッハス・ケラー」

東ドイツの学芸の町、ライプツィヒ。1409年にはライプツィヒ大学が創立され、ゲーテやニーチェ、森鴎外といったそうそうたる偉人たちがここで学びました。

そんなライプツィヒには、ゲーテゆかりの地として世界的に有名なワイン酒場兼レストランがあります。

それが、ショッピングアーケード「メードラー・パッサージュ」地下にある「アウアーバッハス・ケラー(Auerbachs Keller)」。入口前に立つファウスト博士とメフィストフェレスの銅像が目印です。

アウアーバッハス・ケラーの歴史は1525年、医師で教授でもあったハインリッヒ・シュトローマー・フォン・アウアーバッハが、「ワインは正しく飲めば各種病気の予防になる」と考え、自身の家のワインセラーに学生のための酒場を設けたことがそのはじまりです。

ライプツィヒの大学に遊学していたゲーテもアウアーバッハス・ケラーを気に入り、足繁く通っていました。そんななかでゲーテは、「ファウスト博士が悪魔の力を借り、大きなワイン樽にまたがってこの酒場から表の通りへ飛んで行った」という古い言い伝えを耳にします。

その言い伝えに強く惹かれたゲーテは、代表作「ファウスト」の悲劇第一部にこのアウアーバッハス・ケラーを登場させたのです。それ以来、この酒場は世界で最も有名なレストランのひとつに名を連ねています。

1912年には500人収容な大地下室レストランが設けられ、これまでに何百万人というゲストを迎え入れてきました。

レストランに足を踏み入れると、クラシカルなムードと重厚感たっぷりの空間に魅了されます。

アウアーバッハス・ケラーゆかりの偉人はゲーテだけではありません。軍医としてドイツに留学していた森鴎外も、1885年の12月にこのアウアーバッハス・ケラーを訪れています。

ここで鴎外はゲーテの「ファウスト」を翻訳することを決意し、1913年に翻訳本の初版が発行されました。当時の鴎外の日記には、「ファウスト」を翻訳する喜びが綴られています。

そんな森鴎外の功績を称え、2009年には大地下室レストランの壁に幅3.16メートル、高さ1.8メートルにも及ぶ彼の壁画が描かれました。一人和服を着た鴎外は存在感たっぷり。世界的に有名なレストランに日本の偉人の壁画が描かれているなんて、日本人として嬉しくなりますね。

ほかにも「ファウスト」のさまざまな場面が描かれた壁画や、アウアーバッハス・ケラーのシンボル的存在の人形が乗った巨大なワイン樽などが置かれ、見ているだけで楽しめます。

もちろん料理もおいしく、おすすめは「ルーラード(Roulad)」と呼ばれる牛肉巻料理。ドイツのジャガイモ団子「クヌーデル」と紫キャベツとともにいただきます。

牛肉の包みにナイフを入れると、中にはにんじんなどの野菜とさらなる肉が。肉 in 肉とは、さすが肉食の国ドイツです。

ボリュームたっぷりの料理ですが、お肉が上品で思ったよりも重くありません。ジャガイモ団子は驚くほどモチモチ。そのままでもジャガイモの甘みが感じられてじゅうぶんおいしいですが、お肉のソースといっしょに食べるとさらに美味。

ライプツィヒを訪れたなら、偉人も通った名物レストランで、おいしい料理とお酒をお供に長い歴史に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 アウアーバッハス・ケラー(Auerbachs Keller)
住所 Maedler Passage, Grimmaische Str. 2-4, 04109 Leipzig
アクセス アクセスライプツィヒ中央駅(LEIPZIG HAUPTBAHNHOF)から徒歩12分程度
営業時間 歴史的ワイン酒場 18~24時(大地下室レストランは11時30分~、メフィストバーは11時~)
https://www.auerbachs-keller-leipzig.de/jp/home.html