USJや大阪観光にも便利!大阪・弁天町に「アートホテル大阪ベイタワー」がリブランドオープン

大阪に訪れたなら一度は行きたい、人気の観光施設「ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM(USJ)」。このユニバーサル・スタジオ・ジャパンへのアクセスにも便利な大阪のベイエリアである弁天町の複合施設「ORC200(オーク200)」が「OSAKA BAY TOWER(大阪ベイタワー)」としてリブランドオープン。


そして、この「OSAKA BAY TOWER(大阪ベイタワー)」に地上51階建てのフルサービス型ホテルとして、3月29日に「アートホテル大阪ベイタワー」もリブランドオープンしました。

「アートホテル大阪ベイタワー」には客室タイプが21種類、客室数は464室と、宿泊客のニーズに合わせて選べる多彩な客室となっています。


どの客室も高層階に位置しており、天保山の大観覧車やユニバーサルシティなどを一望するベイサイドビューと、通天閣など大阪中心部を見渡すシティサイドビューの両方が楽しめる、大阪屈指の夜景が楽しめるホテルとしても注目です。


高層階からの眺めが堪能できる46階から50階に設けられたスカイフロアの客室は、明るく開放感が感じられる客室となっています。


部屋にはベイサイド、シティサイドから見られる景観の説明が描かれたプリントが置いてあるので、このプリントを見ながら、それぞれ泊まった部屋からの眺めを楽しむことができます。

「アートホテル大阪ベイタワー」は、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンTM のアソシエイトホテルになるため、USJに訪れるファミリー向けとして、23~25階にはコンセプトフロアが新設されました。


2段ベッドを備えたファミリールームツイン、ユニークなデザインのマジカルステージトリプル、4名まで利用できるデラックスフォース、ベビーベッドを常設したキッズルームといったファミリーでの宿泊に最適な客室が揃います。

コンセプトフロアの部屋には、おもちゃやキッチンが配置されているなど、小さいお子さんのいるご家族も快適に過ごせる部屋となっています。


最高の眺望とお料理が堪能できる、ホテル最上階の新設レストラン「スカイビュッフェ51」では、朝から夜までビュッフェスタイルで80種類以上の豊富なメニューが楽しめます。


目の前で調理をしてくれるライブキッチンでは、アンガス牛とフォアグラ、オマール海老を使った贅沢なメニューも!


スイーツの種類もたくさん!どれにしようか迷ってしまうほどのラインナップです。さらにスイーツコーナーでも注文を受けてから作ってくれるクレープやパフェも楽しめます。


この他にも、20階には寿司や天ぷらなどを提供する「割烹みなと」、神戸牛や鮑などを鉄板焼きで楽しめる「鉄板焼RURI」、バーラウンジ「Bar Lounge TWENTY」、3階には「カフェ&ブラッスリー 010」の飲食店舗が設けられています。

さらに、今年の12月にはホテルに隣接でテーマパーク型温浴施設「ソラニワSPA弁天」が完成し、2019年2月にオープンが予定されています。

高層階からの眺望や、ゆったりと過ごせる客室、美味しい料理が堪能できる「アートホテル大阪ベイタワー」。ビジネスでの利用はもちろん、家族や友達との大阪旅行の際に、是非利用されてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 アートホテル大阪ベイタワー
所在地 〒552-0007大阪市港区弁天町1-2-1
交 通 JR大阪環状線「弁天町駅」北口/地下鉄中央線「弁天町駅」西口より連絡通路で直結
    「新大阪駅」より電車で約12分、関西国際空港より電車で約60分
階数 地上51階建
客室 464室/全21タイプ
レストラン レストラン4店舗、BAR1店舗
ホームページ https://www.mystays.com/hotel-art-hotel-osaka-bay-tower-osaka/