Tomiのすべての記事

【世界の美食】伝統的風車小屋レストランで、絶品オランダ料理をたのしむ!オランダ・アムステルダムの「デ・ヨン・ディッカート(De Jonge Dikkert)」

「低い国」を意味するネーデルランド王国(オランダの正式国名)は、その意味の通り、今現在でも国土全体の26%が海抜以下(海より低い)にあります(オランダ統計局発表数値)。 そのため国内に吹き込む風は強く、昔は、風や暴風が来 続きを読む

ニューヨークの醍醐味、究極のエンターテイメントを『ブロードウェイ・ミュージカル』で堪能する!

経済・芸術など数々の分野で世界をリードし続けるアメリカの代表的都市ニューヨーク。 昨年2016年にはニューヨーク市民が史上最多の約850万人を超え、米国最大の人口を有する巨大都市として世界中の人々の注目を集め魅了し続ける 続きを読む

グラウンド・ゼロ(旧ワールド・トレードセンター跡地)に建つ全米No.1の高層ビル「ワン・ワールド展望台」からニューヨーカーの特別な想いが込められたサンセットビューを眺める

今から16年前の2001年9月11日に起きた衝撃的なアメリカ同時多発テロ事件によって倒壊した旧ワールド・トレード・センター。 現在その跡地には国営の追悼博物館「911メモリアルミュージアム」や犠牲者一人一人の名前が刻まれ 続きを読む

【世界の市場】アメリカ・マンハッタンの地元ニューヨーカーにも愛されるお買い物天国「チェルシーマーケット」でニューヨークを丸ごと楽しむ!

1790年以来アメリカ合衆国最大の都市であり、ワシントンD.C.とボストンの中間地点に位置するニューヨークは、経済や文化の中心であり続けています。 エンターテーメントにファッションの流行など全てが最先端をゆく、人々の夢が 続きを読む

【世界の朝食】マンハッタンでの素敵な朝食を!ブランチで行きたいニューヨークのお店ランキング人気No.1のSarabeth’s (サラベス)で!

アメリカの最大都市ニューヨークを訪れた際に是非楽しみたいのが、ニューヨーカーに評判のアメリカン・クラシックな朝食。 今回は、1981年に開店して以来、今やニューヨークで知らない人はいないというほど大人気のブランチレストラ 続きを読む

本場ニューヨークで爆発的人気を誇るブルックリン生まれのNo.1ドーナツ「ドゥ(Dough)」で特大ドーナッツを頬張る!

世界最大の先進国アメリカ。 そんなアメリカで朝型の仕事の仕方が好まれている理由は、最も頭の中がスッキリしていて集中しやすく、思考力的に最も効率的な時間帯が朝とされているからだそうです。 そのため、ちょっと日本では考えられ 続きを読む

【世界の美術館】石油王が寄贈した美術館「グルベンキアン美術館」はリスボンで注目度No.1の膨大な作品の宝庫だった!

ロマネスク、ゴシック、ルネッサンス、ロマン主義、写実主義、印象派、などと、素晴らしい名画の数々を生み出してきたヨーロッパにある多くの美術館は、実は個人の美術品収集家のコレクションが元になっている事が良くあります。 ポルト 続きを読む

ポルトガル民謡ファドを聞きながら味わう「アジの唐揚げ」が最高!リスボンの繁華街バイオアルトのレストラン「カンティーニョ・ド・ベン・イースター」

国土の西側が大西洋に面しており、数多くの魅力的で美しいビーチが存在する海洋国家ポルトガル。 この国では、国民一人当たりの魚消費量が日本よりも多く、まさにシーフード天国と言っても過言ではありません。 また、お米の消費量もヨ 続きを読む

【世界の街角】ドイツ南部の学術都市ダルムシュタットの芸術家村にある「結婚記念塔」で、大公の「誓いの手」を見上げる!

ベルリン、ハンブルク、ミュンヘン、ケルンに次ぐ第5の都市「フランクフルト」。 そんなドイツ経済の中心地でもあるフランクフルトの華やかなビルが密集している街の中心部から南下したところにあるのが今回ご紹介する「ダルムシュタッ 続きを読む

【世界の市場】ヨーロッパ最長の露店通り、オランダのアルバート・カイプ市場(Albert Cuyp market)を地元アムステルダムっ子に混じって散策してみる!

美しい運河や無数の湖に囲まれ、古くから港町として栄えてきた「水の都」オランダ。 そのオランダ国内を流れる川の一つであり、ドイツ国内と北海とを繋ぐ「ライン川」が、1868年にマンハイム条約で外国船の利用を受け入れ国際河川と 続きを読む

【世界の街角】世界的金融街ドイツ・フランクフルトの大聖堂で新旧入り混じるドイツならではの美しい風景を堪能しよう!

ヨーロッパの証券市場として、ロンドンに並んで有名なのが、ここドイツの南西部ヘッセン州最大の都市フランクフルト・アム・マイン。 ユーロ圏17か国において重要な役割を果たす有名な金融機関のひとつ「欧州中央銀行(ECB:Eur 続きを読む

デザインの街アムステルダムで毎月催されるヨーロッパ最大規模のフリーマーケットで掘り出し物に出会う!

ヨーロッパ北西部に位置し縦横に巡らされた運河が優雅に走るオランダ国土の大きさは、日本の九州とほぼ同じくらいで、日本の全体の面積からは約9分の1ほどと言われています。 ヨーロッパの中でも小さい国オランダは、何事にも自由で寛 続きを読む

【暮らすように旅する】リスボンっ子が大絶賛する絶品パスタを堪能しよう!リスボン・ムラリアの「キャンティーナ・バルドラッカ」

ヨーロッパ最南端に位置し周囲をほぼ大西洋に囲まれた海産物が豊富なポルトガル。 ここに来れば、今も現存している多くの歴史的建造物に出会え街歩きをしているだけでひと時代前にタイムスリップしてしまったかのような感覚を味わえます 続きを読む

【世界の自動販売機】オランダ中にある「コロッケの自販機」で出来立てホクホクのオランダ名物を楽しもう!

約90の島々、そして1500もの橋でできているオランダは国土の1/4が海抜ゼロメートル以下という状況下にも関わらず、17世紀の運河を取り入れた都市計画の元で世界の貿易国としてヨーロッパの頂点を極めました。 現在では100 続きを読む

【世界の街角】ポルトガル・リスボンの「サン・ジョルジェ城」で歴史の風に吹かれる

歴史的な建造物が今も現存し人々の生活に当たり前に寄り添う、そんな坂道の街ポルトガルの首都リスボンは、港町特有の哀愁と活気の混ざり合ざる独特の雰囲気を持ち合わせており、一度訪れるとハマってしまう観光地として、近年、大変人気 続きを読む

【世界の博物館】ポルトガル・リスボンの馬車博物館でヨーロッパの上流階級の交通手段「装飾馬車」に出会う

人々の心を魅了してやまない美しい景色と伝統のある歴史的建築物に囲まれたヨーロッパ最西端の哀愁と情熱の国ポルトガル。 その最大の都市である首都リスボンの海側には知的好奇心を刺激する名所が詰まった「ベレン地区」があります。 続きを読む

【世界のカフェ】リスボンの旧市街地アルファマ地区で本格ポルトガル料理が食べられる話題のカフェ「ポイズカフェ(Pois Café)」

これまで世界の様々なところで地震は発生してきました。 地震大国の日本では知られていませんが、実はポルトガルでも過去に地震は発生しています。 1755年、ポルトガルの首都リスボンを襲った未曾有の大地震「リスボン大震災」によ 続きを読む

ジャガイモ大国オランダで丸ごとジャガイモ料理を楽しもう!アムステルダムっ子に大人気のお店「ジャケット(Jacketz)」

オランダ出身の画家ゴッホの傑作「馬鈴薯(ジャガイモ)を食べる人々」にもあるように、18世紀にペルーからオランダにもたらされたジャガイモは、多くの人々に広まり、オランダで主食として食べられるようになりました。 そのため、ジ 続きを読む

オランダ・アムステルダムに今も残る「アンネの家」へ / 夭逝した13歳のジャーナリスト、アンネ・フランクに会いに行く

世界各地に刻まれた人類の歴史。 美しいものもあれば、目を背けたくなるような歴史もあり、そのすべてがこれまで先人達が作ってきた世界であり、現在の世界でもあります。 そんな世界の様々な場所の中でも人間の業の深さをまざまざと訴 続きを読む

【世界のスイーツ】ポルトガルに行ったら食べたい!ポルトガルの老若男女に人気のクリスマスの甘いお菓子3選

ヨーロッパ最南端に位置するポルトガル。 大航海時代に発展したポルトガルには、美味しいエッグタルトや「ケイジャーダ」と呼ばれるチーズタルトなど、美味しいスイーツがたくさんあります。 実は大航海時代に日本へ伝わったカステラや 続きを読む

オランダ・ゴッホ美術館でゴッホの生涯を辿りながら今も力強く生き続ける代表作を鑑賞する!

オランダ最大の都市アムステルダムにある「ゴッホ美術館」は、17世紀のアート界を担った、名だたるオランダ出身の芸術家の中の一人「フィンセント・ファン・ゴッホ」の作品を中心としたオランダの国立美術館です。 この美術館は197 続きを読む

【世界のスイーツ】オランダの最新パンケーキはアムステルダム発!見た目も味も絶品の新感覚スイーツ!

ヨーロッパの北西部に位置し、ドイツ・ベルギーに囲まれた自然豊かな国オランダ国。 その中でも最も自由な空気が漂う首都アムステルダムを訪れるのであれば、是非食べおきたい新感覚スイーツがあります。 それが今回ご紹介するオランダ 続きを読む

美しいクジャクが自由に闊歩するポルトガル・ポルトのクリスタル宮殿公園が凄い!絵画のような絶景を楽しもう!

ポルトガルの北部に位置しおよそ26万人が暮らす第2の都市ポルト。 ポルトの名前はポルトガル語で「港」を意味しており、数百年前から港町として商業の町として栄えてきました。 そんなポルトは世界遺産に登録された「ポルト歴史地区 続きを読む

オランダっ子の定番!アムステルダムの街中に現れたアイススケートリンク(Ice Amsterdam)で冬の風物詩を楽しむ!

オランダの首都アムステルダム。 アムステルダムの中心にあるオランダ国立美術館には、アムステルダムの象徴的モニュメント「I am Amsterdam」がありますが、冬になるとその正面に、アムステルダムの風物詩が出現します。 続きを読む

ヨーロッパを代表するファッションの街ポルトにあるオシャレなセレクトショップ「パッチ・ライフスタイル・コンセプトストア」

ポルトガルの北部に位置しおよそ26万人が暮らす第2の都市ポルト。 ポルトの名前はポルトガル語で「港」を意味しており、数百年前から港町として商業の町として栄えてきました。 主な産業は水産業と商工業。 ポルトの重要な商工業の 続きを読む