【発祥の店】日本初のモンブランは昭和の黄色のクリーム、東京自由が丘の老舗洋菓子店に伝統の味がある

秋のケーキの主役といえば、モンブラン。

そのモンブランの発祥と言われるお店が、東京自由が丘にあるのをご存知でしょうか。

1933年から続く老舗洋菓子店「MONT-BRANC(モンブラン)」。

名前と同じケーキの「モンブラン」発祥の店です。

「MONT-BRANC(モンブラン)」は、洋菓子がまだ珍しかった時代から今日まで、自由が丘の街で洋菓子の美味しさを伝え続けてきたお店。

初代社長がヨーロッパを旅してまわった時に、アルプス山脈最高峰モンブランの美しさに惹かれ、店名が「モンブラン」になったのが由来。

「モンブランの山肌と万年雪を表現」している、店と同じ名前を冠したケーキ「モンブラン」は、今も創業当時のままのレシピで手を加えられることなく、作り続けられています。

モンブランのてっぺんに乗っかった白いメレンゲが「万年雪」を表現しています。

丸い形の良いメレンゲは、サクッとした歯ざわりで、口に含むとシュワッと溶ける瞬間に懐かしさを感じさせてくれます。

メレンゲの下には、おだまきで絞った栗のクリームがモンブランの山肌を表現しています。

絞り袋や小田巻を使って絞り出した栗のクリームは、現在のお洒落な渋皮栗を使用したような茶色のものではなく、深い黄色の甘露煮を用いています。

昭和時代のモンブランのクリームは、鮮やかな黄色が定番でした。

モンブランの中身は、土台のカステラの中をくりぬいて、そこにバニラクリームと甘露煮にした栗が丸ごと1個入っています。

モンブランは、もともとはフランスのレストランやホテルで提供されていた中世からあったデザート。

フランスのレストランやホテルで提供されていたモンブランは、メレンゲの上にマロンのクリームを盛り付けたようなデザートでしたが、持ち帰りのできるよう土台をカステラにして、ガトー(焼き菓子)として完成させました。

モンブラン以外のケーキも豊富に取り揃えておりますが、夕方頃には売り切れのケーキも出てくる中、モンブランだけは数を絶やさず休日でも売り切れることなく食べることができます。

食べると昭和時代にタイムスリップしたかのような、何ともノスタルジックな気分に浸れるモンブランを、東京自由が丘でぜひ味わってみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 TOKYO JIYUGAOKA MONT-BLANC
住所 東京都目黒区自由が丘1-29-3
営業時間 10:00~19:00
定休日 なし
お店のHP http://www.mont-blanc.jp