知られざるアウトレット体験をヨーロッパで。高級ブランド品を超絶プライスでゲットしてみよう!

1980〜1990年代にかけてアメリカで成長し、日本でもすっかり定着した感のあるアウトレットモール。

高級ブランドや有名メーカーの直営店が集まり、サンプル品、シーズン落ち製品、B級製品などが多いとはいえ、格安価格で購入でき、お得感が大きいショッピング体験が楽しめます。

発祥の地であるアメリカでは、大都市郊外や観光地のアウトレット巡りの話は良く耳にしますが、ではヨーロッパは?というと、ここでも一定の人気を集めているようです。

中でも有名なのが、1990年代に設立されたマッカーサーグレン・グループによる、デザイナーブランド製品のアウトレットの先駆けとなる「デザイナー・アウトレット」。現在欧州8か国20か所で展開されています。

アメリカのアウトレットモールとの違いとして感じることは、まず単なる「お得商品を購入する」だけの場所ではないこと。

ショッピングだけではなく、美味しい食事を楽しんだり、カフェでリラックスしたり、子供と一緒に遊べたりと、「様々な体験」を売りにしています。

また取扱い製品が、洋服やアクセサリーに限らず、生活用品までカバーされていること、また多数の欧州ブランドの直営店が含まれることも特徴と言えるかもしれません。

今回は、実際にヨーロッパでのアウトレット体験をするために、「デザイナーアウトレット」の中でも、35,000㎡と敷地面積のかなり大きいルールモンド(Roermond)のモールに行ってみました。

outlet1

ルールモンドは、オランダの南西部に位置し、ドイツとベルギーの国境近くにあります。このため、オランダのみならず、ドイツ・ベルギーの一部の町から車でアクセスできます。ドイツのデュッセルドルフからは車で45分前後。片道9€でシャトルバスを利用することも可能です。

またこちらのアウトレットはルールモンドの中心街・広場から比較的近くに立地しているため、ルールモンド駅から歩いていく事も可能です。

このアウトレットモールでは、欧州の高級・有名ブランドを中心に、現在150以上の直営店が出店し、年間を通して最大70%オフという価格で商品が購入できます。

ここで取り扱っているブランドのうち、日本の方に人気の欧州高級ブランドは、プラダ、グッチ、フェラガモ、ドルチェ&ガッバーナ、アルマーニ、トッズ、バーバリー、ヒューゴ・ボス、モンクレールなど。

アメリカブランドは、ラルフローレン、マイケルコースなど。またアディダス、ナイキ、ノースフェースなどのスポーツブランド、トゥミやサムソナイトなどの鞄ブランド、そしてティンバーランド、リーバイス、ベネトンなどのカジュアルブランドも入っています。

その他、日本で人気のフランスのキッチン用品のルクルーゼや、ドイツの食器ブランド、ビレロイ&ボッホの直営店もあります。

▼グッチの直営店
outlet2

▼プラダの直営店
outlet3

▼マイケルコースの直営店
outlet5

どの直営店も、だいぶ混雑をしていますが、中でも最近待ち行列ができているブランドは、バーバリー、マイケルコース、ラルフローレン、トッズ、UGGといったところでしょうか。でも、アメリカのアウトレットでの行列の長さよりは、断然短い!のは嬉しいところでしょうか。

▼バーバリーの直営店
outlet4

▼UGGの直営店
outlet6

その他、アウトレットモール全体の雰囲気としては、全体でトーンの揃ったヨーロッパ風のお洒落な建物が並び、素敵なヨーロッパの町を散策しているような気分になります。ちなみにクリスマス前後に訪れた場合には、こんなに素敵なクリスマスイルミネーションも楽しめます。

outlet7

outlet8

なお、ルールモンドの町自体も、13世紀頃から続く歴史ある場所です。アウトレットモールでのお買い物の後は、町に繰り出し、石畳の道を歩きつつ、古き良き町並みを見て歩いたり、お洒落なレストランでお食事をするのもお薦めです。

冬のシーズンはヨーロッパ行きの航空券も夏のシーズンよりお手頃になりますし、さらにユーロも以前より旅行しやすいレベルになっています。この冬、ヨーロッパでとってもお得なショッピングを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

town