カレーの聖地・神保町で絶品の欧風ビーフカレーを味わう。神保町・ガヴィアル


様々な書店が集まっている本の街として知られる東京・神保町。本だけでなくもう1つ有名なものがこの街にはあります。そう、それはカレー。

神保町にはカレーの専門店だけでも30店舗はあると言われており、カレー好きの方からは「カレーの聖地」と呼ばれています。

今回はそんなカレーの聖地にあって、欧風カレーという分野で多くのカレーファンを唸らせてきたお店「ガヴィアル」を紹介します。

・1982年から継ぎ足されているソース
こちらのお店は1982年創業。創業時から継ぎ足しを繰り返しているソースをベースとして、28種類の香辛料がブレンドされており、非常にコクと香り豊かなカレーソースが特徴のお店。
IMG_7558

・コク・甘み・香りの3拍子揃ったカレー
こちらのお店のカレーは、1日かけてボイルされた玉ねぎ、そしてショウガ・にんじん・セロリ、香辛料を加えた上でバターで12時間かけて作られているとのこと。1日半以上かけて作られるカレーからは、絶妙な甘みと爽やかなスパイスの清涼感、そしてこの店独特のコクをしっかりと感じる事ができます。

・カレーとベストマッチなライス
こちらのお店、こだわりはカレーソースだけではありません。ライスもそのカレーに負けないような工夫がされているのです。まず、ライスはブイヨンとバターで炊き上げられた絶品のバターライス。さらに、提供する前にお米の大きさに調整されたオランダ産のゴーダチーズがふりかけられ、これによって口の中に入れた時に、カレーとライスの一体感がより産まれるようになっています。

・素材に応じた調理法によるカレー
こちらのお店には様々なカレーがあるのですが、その食材によってカレーとの最適な組み合わせや調理法を選択し、ウマさを引き出しています。ビーフやポークはホロホロと崩れるほどじっくりと煮込まれており、シーフードカレーの具は煮込みすぎないように調理されているのです。
IMG_7559

・絶品のビーフカレー
欧風カレーの王道ともいえるビーフカレーは大きめのビーフがゴロゴロっと5、6個も入っています。ビーフはあくまでも柔らかくホロホロっと口の中で解けていき、カレーソースの味わいとベストマッチ。チーズによってコクを増したバターライスとの一体感を感じつつ、スパイスの爽快感が鼻腔を駆け抜けていきます。

これから暑い夏がやってくるシーズンですが、暑い時だからこそ、辛いものが食べたくなる、そんな時に欧風カレーを味わってみてはいかがでしょうか?

お気に入りの本を片手に、長い年月によって育まれた味わい深いカレーを味わう、そんな神保町の楽しみ方もオススメです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店 ガヴィアル
住所 東京都千代田区神田神保町1-9 稲垣ビル 2F
営業時間  11:00~22:00
定休日 なし
お店のHP http://www.gavial1982.com/











この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : ガヴィアル

住所 : 東京都千代田区神田神保町1-9 稲垣ビル 2F