ベトナム・ハノイで世界一長いモザイクアートを鑑賞してみよう

ベトナムの首都・ハノイ。ベトナムの経済の中心地・ホーチミン市と対象的に、政治と文化の都で、多くの史跡やアートスポットも多い街です。

ハノイの歴史は非常に長く、ベトナム李朝の初代皇帝・李公蘊(りこううん)が1010年に首都をハノイに遷都して以来1000年上の歴史を誇ります。街の中心地には李公蘊の像があり、今も多くの地元の人々に尊敬されています。

2010年には遷都1000年を記念して、ハノイでは多くのイベントが行われました。その一環として、ハノイを流れるホン河の堤防を色とりどりのモザイクアートで装飾するアートプロジェクトが行われました。

地元のジャーナリストの提案で発起したこのプロジェクトは、2007年にスタートし、遷都1000年を祝う2010年に完成しました。

なんとその全長は4キロもあり、ギネスブックにも世界一長いモザイクアートとして認定されています。

これには多くのアーティストが国内外から参加していて、ベトナムの歴史や文化をモチーフにしたものや、地元の子供たちが描いた絵を元にしているものなど様々な作品があり、見ていて飽きません。

モザイクには、ハノイ市近郊にあり古くから陶器の生産地として知られるバッチャン村で作られたセラミックが材料として用いられています。

ハノイの街歩きをしながら世界一のモザイクアートでベトナムの文化に触れてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなる メディア