アジアのすべての記事

世界遺産ホイアン旧市街から近いおすすめリゾートホテル、ビンフンリバーサイド・リゾート&スパ

ベトナム中部、トゥボン川の河口に位置する古い港町、ホイアン。 古くから交易を通して多くの人やものが行き交い、16世紀から17世紀ころ、東アジアとヨーロッパの貿易(海のシルクロード)の中継地として日本人街が形成されたことで 続きを読む

タイ・バンコクで味わう絶品のタイ風焼き鳥のガイヤーン / バンコクの一軒家レストラン「タミー・ヤミー」

格安の屋台から、ミシュラン星つきの高級レストランまで、あらゆるグルメスポットがひしめくバンコク。「バンコク旅行ではとにかく食が楽しみ」という人も多いのではないでしょうか。 隠れ家的な雰囲気のなか、伝統的なタイ料理を味わい 続きを読む

優雅なアフタヌーンティーも味わえるタイ・バンコクの穴場癒しスポット「花文化の博物館」

庭や室内の飾りとして、寺院へのお供えとして、花はタイの人々にとって欠かせない身近な存在。タイの首都バンコクには、そんなタイの花文化が肌で感じられる場所があります。 それが、サクン・インタク氏が2012年にオープンさせた「 続きを読む

タイに行ったらコスパ抜群の高級中華料理を楽しもう!バンコク・チャイナタウンの名店「和盛豊(フアセンホン)」

喧騒の大都会、バンコク。そのなかでもとりわけカオスなエネルギーが感じられるのが、昔ながらの町並みが残るチャイナタウンです。 派手な漢字の看板が道路に突き出す看板が並ぶ光景は中国さながら。近代的なショッピングセンターが建ち 続きを読む

タイ・バンコクの三大寺院の1つ!白く生まれ変わったフォトジェニックなワット・アルン

バンコクの定番観光スポットといえば、長きにわたって街の発展を見守ってきた寺院の数々。 なかでも必見なのが、ワット・プラケオ、ワット・ポーと並んで「バンコク三大寺院」と呼ばれるワット・アルンです。 タイ語で「ワット」は「寺 続きを読む

ミシュラン・ビブグルマンに選ばれたパッタイ専門店!タイ・バンコクのレトロ可愛いお店「バーン・パッタイ」

日本でも人気のタイ料理の定番といえば、パッタイ。 「タイ風焼きそば」とも呼ばれるパッタイは、自分でソースやスパイスを加える前提で味付けがされているため、クセがなく辛さ控えめで日本人の口にもよく合います。 格安屋台グルメか 続きを読む

【世界のすき家】すき家でラーメン!?タイのすき家でご当地「チリドラゴンラーメン」を食べてみた

「すき家」は、日本全国に2000店舗近くを展開する店舗数日本一の牛丼チェーン。近年、早い・安い・ウマいを象徴する日本の牛丼文化が海外でも広まりつつあります。 すき家は、中国やタイ、マレーシア、インドネシア、ベトナム、台湾 続きを読む

【3度目の台湾】ピータンをたっぷりつかった劇ウマ担々麺のお店 / 台湾・新北市永和区の「海爺四號乾麵店」

東京から約4時間のフライトで行ける国、台湾。 日本〜台湾間のLCCも数多く就航したことにより、安くて気軽に行ける観光地として台湾の人気は高まりつつあります。 美味しい台湾グルメに、旧日本統治下の建物や、台湾ならではの絶景 続きを読む

【世界の市場】現役の線路の上に商品が!バンコク近郊にある世にも珍しいメークロン市場の実態

王宮やワット・アルン、ワット・ポーなど、数々の個性あふれる観光スポットを抱えるタイの首都バンコク。 バンコクだけでも楽しみが尽きることはありませんが、バンコクから日帰りで近郊に足を延ばせば大都会バンコクとはまた違ったタイ 続きを読む

うどんとトムヤムクンが禁断のコラボ!?タイの丸亀製麺のご当地メニュー「シーフードトムヤムうどん」を食べてみた

安近短で、日本人にとって身近な旅先タイ・バンコク。 近年、バンコクでは日本食が花ざかり。日本を訪れるタイ人が増えていることもあって、従来の「なんちゃって日本食」ではなく、本物の日本食を求めるタイ人が増えており、日本の外食 続きを読む