【東京で味わう地方グルメ】最強のおかずラーメン!東京・代々木で徳島ラーメンを味わえるお店「可成家」


もはや国民食の1つと言ってもいいほどのラーメンは、その土地の風土や文化に育まれ独自の発展を遂げているため、日本全国の様々な場所に様々なラーメンが存在している。

各地にユニークなラーメンが存在しているのだが、その中でも「すき焼き風ラーメン」とも呼ばれ、個性の光るラーメンが「徳島ラーメン」である。

今回は、そんな徳島ラーメンを東京都内で味わえるお店、代々木の「可成家(カナリヤ) TOKYO代々木店 」を紹介したい。

・徳島ラーメンとは
徳島ラーメンには、「白系」「黄系」「茶系」3つの系統が存在する。白系は豚骨スープに薄口醤油などを加えたもので、一般的な豚骨ラーメンに近いラーメン。黄系は鶏ガラや野菜などでダシを取ったもので、あっさりした味わいのラーメン。そして、茶系は豚骨スープに濃口醤油やたまり醤油を加え、さらに生卵を乗せることから、「すき焼き風ラーメン」とも言われるラーメンである。一般的に徳島ラーメンと言えば、最も特徴的なこの「茶系」のラーメンを指すことが多い。

・調和のとれた個性派ラーメン
「すき焼き風ラーメン」という別名を持つように、茶系徳島ラーメンはただのラーメンとは一味も二味も違う個性的なラーメンである。特徴的なのはチャーシューの代わりにトッピングされている甘辛く煮込んだ豚バラ肉。チャーシューではなく豚バラ肉にすることで、ストレートに豚の脂の旨味を味わうことができるのだ。また、この豚バラ肉とバランスを取るように、スープは濃厚な見た目ながらも意外にあっさりとした味付けとなっている。そして、その組み合わせをさらにワンランク上へと昇華してくれるのが、生卵だ。生卵が入ることで、豚バラ肉とスープをマイルドに包み込んでくれるのだ。豚バラの脂の濃厚さとスープそしてクリーミーさを演出する生卵が、絶妙なバランスで成立しているラーメン、これこそが徳島ラーメンなのである。

・最強のおかずラーメン
そんな茶系の徳島ラーメンに欠かせない相棒といえば、ご飯。こちらのラーメンは、ご飯との相性がバツグンなラーメンなのである。甘辛く煮込んだ豚バラ肉、豚骨のコクと醤油の甘みが絶妙なスープ、全体をマイルドに包み込んでくれる生卵。どれもご飯と本当に良くマッチしていて、最高のおかずになるラーメンなのである。店内にはオススメの食べ方が書いてあるので、それに従って徳島流の楽しみ方を味わってみてほしい。

麺でもご飯でも美味しい、一度で二度楽しめる徳島ラーメン。

食べる前はカロリーのことが気になってしまう人もいると思うが、一口食べればそんなことも忘れてしまう美味しさなのである。

他では味わえないラーメンをおかずにご飯を食べる、そんな禁断の体験をしてみてはいかがだろうか?

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

お店   可成家(カナリヤ) TOKYO代々木店
住所   東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目22ー3都営千駄ヶ谷アパート1F
営業時間 11:00~21:30
定休日  日曜・祝日
お店のHP http://www.kanariya-online.com/



















この記事のお店・スポットの情報

お店・スポット名 : 可成家(カナリヤ) TOKYO代々木店

住所 : 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目22ー3都営千駄ヶ谷アパート1F