GWや夏休みはマイレージの特典旅行は取れない?そんな時は、地方空港をチェック!

ユナイテッド航空のマイレージプログラム「MileagePlus(マイレージ・プラス)」でマイルを貯めている方は、昨年、2015年6月2日より、提携パートナーのANAを利用する日本国内線の特典航空券の引き換えに必要なマイルが大幅に引き下げられたことは記憶に新しいと思います。

それまでは国内線の往復には20000マイル必要だったのですが、2015年6月2日より

・ 飛行距離が800マイル以下の国内線の区間は片道につき5,000マイル
・ 飛行距離が801マイル以上の区間については片道につき8,000マイル

で特典航空券に引き換えられるとあって、かなり話題になりましたね。

飛行距離が800マイル以下というのにピンと来ないかもしれませんが、例えば東京から出発の場合、800マイルを超える区間は沖縄(那覇・石垣・宮古)のみとなり、それ以外のほとんどの区間は5000マイルで特典航空券が使えます。

成田から札幌へ飛んでも、片道5000マイル、往復10000マイルで済むのは魅力。

乗継をする場合も、出発空港から到着空港の直線距離が800マイル以内なら片道5,000マイルでOK!

ちなみに、ANAマイレージクラブでマイルを貯めてANA国内線の特典航空券に交換する方法もありますが、こちらはシーズンによって必要マイル数が変わるスライド制。

ローシーズンの場合は往復10000マイルと、ユナイテッド航空マイレージプラスのマイルを使った場合と同じですが、レギュラーシーズンは往復12000マイル、ハイシーズンは往復15000マイル必要となります。

したがって、春休みやゴールデンウィーク、夏休みに特典航空券を利用するなら、ユナイテッドのマイレージプラスのマイルを使うほうが断然おトクということになります。

(しかも、ANAマイレージクラブの特典旅行は片道のみ取ることができませんが、ユナイテッドのマイレージプラスでANAの特典旅行を申し込む場合は片道から可能で、使い勝手が良いです。)

・GWや夏休みはマイレージの特典旅行は取れない?

そんなふうに思われる方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、新千歳空港、中部国際空港、福岡空港といったメジャー空港同士をつなぐ路線は、ハイシーズンに特典航空券を取ることは困難です。

しかし、例えば夏休みに中部国際空港~新千歳空港の往復特典航空券は取れなくても、富士山静岡空港から新千歳空港の往復特典航空券は取れてしまう……なんてことがよくあります。

飛行機に乗るのはいつも最寄りのメジャー空港からという方も、出発空港をアクセス可能な別の空港に変えて調べてみると、空席の多さに驚くかもしれません。

・旅行に行きたい日の60日前に空席チェック
ユナイテッド航空マイレージプラスのマイルでANA国内線の特典航空券を予約できるのは、出発の60日前から出発の4日前までとなります。

ただし、出発の20日前を切ると直前手数料75米ドルがかかるので、お得感がなくなってしまい、おすすめできません。

夏休みはまだ先ですが、この夏休みにユナイテッド航空のマイレージプラスのマイルを使ってANA国内線を利用したいと考えている方は、お目当ての日の60日前になったら希望路線の空席チェックをしましょう。

メジャー空港発着で空席が表示されない場合は、発着のどちらかの空港を地方空港に変えてみると空席が見つかるかも。

なお、ユナイテッド航空コールセンター 03-6732-5011 でも空席照会をしてもらえます。電話で問い合わせをするのは無料、電話で発券依頼をすると有料です。

電話で質問や空席照会だけをして、ウェブで予約すれば発券手数料はかかりません。

マイレージプログラムの特典旅行でハイシーズンにお得に旅行したい方は、人より早く空席チェックすることメジャー空港よりマイナー空港狙いで行くことがポイントです。

さぁ、まずはマイレージプラスにログインして、マイルがどれだけたまっているか、チェックしてみましょう!

参考: ユナイテッド航空 マイレージプラスプログラム https://www.united.com/web/ja-JP/content/mileageplus/Default.aspx

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア