イタリアの美しい運河が流れる港町・水の都ヴェネツィアのゴンドラに揺られて非日常の旅を楽しもう

水の都と呼ばれ、美しい運河が流れる都市「ヴェネツィア」。

イタリアの北東部に位置する都市で、1987年「ヴェネツィアとその潟」の名で世界文化遺産に登録された街です。

世界的に有名な映画祭や、世界三大カーニバルの仮面舞踏会が開催されることでも知られているヴェネチアでは、車が走っていないのはご存知でしょうか。

ヴェネツィア市街には、150をこえる運河、400におよぶ橋が街全体に網の目のようにはりめぐらされているため、必然的に車両の乗り入れができず、通常の交通手段としては水上バス、水上タクシー、ゴンドラが利用されています。

そんなヴェネツィアでぜひとも体験していただきたいのが、伝統的な手漕ぎボート「ゴンドラ」。

現在移動手段として欠かせない存在の「ゴンドラ」は、最も高貴な国と呼ばれていたヴェネツィア共和国時代では現在と違って装飾が派手で、自らの権力を誇示するための競争に使用されており、実用的なものではない船が数多くあったと言われています。

しかし、費用削減法が実施されてからは、ゴンドラは黒の塗装を義務づけられることになり、現代の実用的な利用方法に変わりました。

ゴンドラは必ずと言っていいほど、イタリアの観光ツアーに盛り込まれているヴェネツィア名物の乗り物です。

「SERVIZIO GONDOLE」と書かれたグリーンの看板が乗り場の目印で、乗る場所によってコースが違うので事前に調べておくといいでしょう。

・ヴェネツィア屈指の人気観光スポット「リアルト橋」

ゴンドリエーレと呼ばれるゴンドラ漕ぎに、細い水路を案内されながらゆっくりとゴンドラに揺られていると、ヴェネツィアの大運河カナル・グランデに辿り着くことでしょう。

大運河カナル・ グランデに架かる4つの橋の1つ「リアルト橋」は、16世紀半ばに建設され現在では最も有名な人気観光スポットになっています。

リアルト橋の周辺は海抜が比較的高く洪水の被害も少ないため、ヴェネツィアでは最も早くこの周りに集落ができ商業の中心地となったのだとか。

ゴンドラの上ではゆったりとした時間が流れ優雅な気分を味わうことができます。

ゴンドリエーレと呼ばれる船頭が一本のオールで漕ぐゴンドラ内では、時には歌ってくれるカンツォーネに耳を傾けながら、非日常の旅を楽んでみてはいかがでしょうか。

・ヴェネツィアの代表的なパスタ料理「イカスミスパゲッティ」

ヴェネツィアの代表的なパスタ料理で外せないのが、イカスミスパゲッティです。

イカ墨ソースを白ワインでのばし、塩コショウで味付けしたイカスミスパゲッティをぜひ味わってみてください。

・カフェ・ラッテの発祥店「カッフェ・フローリアン」

観光に疲れた時は、サン・マルコ広場にあるカッフェ・フローリアンに立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

ヴェネツィアに現存する最も古いカフェで、カフェ・ラッテの発祥店としても有名なカッフェ・フローリアンでぜひカフェラテを飲んでみてください。

イタリアに旅に行かれた際は、美しい運河が流れる港町・ヴェネツィアで、優雅なひと時を過ごしてみてください。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア