【世界のビール】アイルランドと言えばギネス!ギネス・ストアハウスでギネスビールについて勉強しよう!

アイルランドを代表する飲み物がギネスビール。ダブリンのパブへ行けば、クリーミーな泡立ちと濃厚なコクのギネスビールを味わう地元っ子が沢山。この地で初めてギネスビールを飲んで、そのファンになってしまう観光客も多いのだとか。

そんなアイリッシュのみならず世界中で愛されているギネスビールの歴史や製造工程を学べるのが、ダブリンの中心にあるギネス・ストアハウスです。

ミュージアムがあるのは、ギネスビールの生産が行われている工場の一角。かつてこの場所でギネスの生産が始まり、今でもここから世界中に向けてギネスが送り出されています。1904年に建設された建物は、アイルランド初の鉄骨建築と言われている歴史あるものなのです。

建物は7階建てになっています。1階部分ではギネスビールの原材料になっている麦芽、水、ホップについての展示がされています。またここにはお土産ショップもあり、ギネスのロゴやおなじみのオオハシのイラストが描かれたグッズが販売されています。

ギネス醸造に欠かせない水は、ダブリンの南にあるウィックロウの天然水。素材がシンプルなだけに、原材料の質には特にこだわりがあるのです。製造工程の説明では、どのようにして伝統の製法と味を守り続けているかなどを知ることができます。

内部を進んで行くと、沢山の樽が積み上げられている場所があります。世界中に輸出されているギネスビールですが、かつてはその鮮度を保つためにこれらの樽が重要な役割を果たしていたのです。

またギネスビールの飲み比べが出来るコーナーでは、注ぎ方や飲み方によって異なる味の違いを体験することができます。ギネスビールは注ぎ方、グラスの大きさによって味に大きな違いが生じるのです。正しく注がれたものは、他の物との味の差が一目瞭然です。

ギネス・ストアハウスのもう1つの見どころは、ギネスビールの広告の歴史や歴代のグッズにつての展示です。ポップな絵や色使い、そしてアイリッシュのユーモアにあふれたセリフなど、見ているだけで楽しい気分になるエリアですよ。

最上階は360度ガラス張りのバーになっています。入場券には1パイント無料券も付いているので、ここでダブリン市街を眺めながらギネスビールを楽しむ事ができます。ハーフパイントでも頼めるので、ビールは苦手だけど味見はしてみたいという人におすすめです。プロが注いだギネスビールの味は、今まで飲んだことがないほど絶品ですよ!

世界中で愛されているギネスビール。その歴史や製造工程、原材料のこだわりを知れば、その味わいもまた違う物になるかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

名前 ギネス・ストアハウス
営業時間 9:00~19:00
休業日 聖金曜日、12月24日、25日、26日
住所 St James’s Gate, Dublin 8, Ireland
電話 (01)4084800
HP https://www.guinness-storehouse.com/en