蒲田ではしご酒!スペインのバルと日本の横丁が融合した新しいスタイル「蒲田バル横丁」

ここ数年、ネオ横丁と呼ばれる昭和の雰囲気を残した大衆横丁に注目が集まり、いろいろな大衆横丁が続々とオープンしています。2017年5月10日、スペインのバルと日本の横丁が融合した新しいスタイルのバル横丁が蒲田にオープン!


スペインでは、朝・昼・夜と毎日何度と同じバルに行くほどバルが地域に根付いており、夜になると1品1品名物を求め、バルからバルへはしごを楽しみます。こうしたスペインのバル文化と日本の横丁文化を掛け合わせて生まれた「バル横丁」

今回オープンした「蒲田バル横丁」は、これからオープンを控える赤坂バル横丁、江ノ島、京都などの全国展開に先駆け、第一弾となるバル横丁となります。


蒲田バル横丁には、バラエティ豊かな個性溢れる9店舗が集結していて、いろいろなジャンルのお料理とお酒が気軽に楽しめます。

・Taco Libre (メキシカン)


横浜、戸塚、神田などで展開しているメキシカン料理のお店「Taco Libre」は、大使館も認めるメキシコ料理をカジュアルなスタイルで楽しめます。

・Meats Eater (肉バル)

肉好きにはたまらない、肉バル「Meats Eater」

塊肉を豪快に焼き上げるトマホークは、要チェック!焼きあがる時間が決まっているので、是非狙ってカウンターへいきたいところ。お肉に合う、レモンと黒胡椒のきいた「肉専用サワージントニ」と一緒に楽しむのがオススメです。


トマホークは、おひとりさまでも食べやすくカットして、トリュフ塩・ケイジャン塩・ピンク岩塩が添えられて提供されます。お肉と相性の良いマッシュポテトも一緒にオーダーしてみてくださいね。

・咲良(串揚げ)
地元川崎で長年愛されている名店の味が楽しめる「咲良」。油にこだわった串揚げは、いくらでも食べられる!と評判のお店です。


特に人気の串揚げメニューは、「れんこん」「トマトとモッツァレラ」。絶妙の厚さにカットされた生のレンコンの串揚げは、モッチリとしていてホクホク。生ハムに巻かれたモッツアレラチーズの塩気もお酒がすすみます。

・blesseath (オーガニック・野菜)
田町にある肉バル「SPAJIO」が手掛ける、オーガニック素材にこだわった野菜メインのオーガニックバル「blesseath」。カラフルな見た目とこだわり野菜の美味しさが楽しめます。ハイボールやサワーにもオーガニックフルーツが使われるなど、こだわりが詰まっています。


北海道産のチーズ盛り合わせも食べやすい量で提供されるので、おひとりさまでも十分楽しめますよ。

・Jamon Jamon (スペインバル)

スペイン料理とお酒が楽しめる「Jamon Jamon」では、生ハムの食べ比べや、パエリア、スパニッシュオムレツなどのお料理や、スペイン産のワインやビール、サングリアなどが楽しめます。

・さすらいのカンテキ (立ち焼肉)

国産黒毛和牛A4ランク以上の質にこだわった立ち食い焼肉「さすらいのカンテキ 蒲田西口酒場」。ぷりっぷりのモツは脂身が甘くてとろける味わい。「秘伝のつけダレ」や「九条ねぎ」の薬味にもこだわっています。

・西庵 (魚と日本酒)

神奈川県の漁港から直送された、旬の魚を季節の日本酒と共に楽しめる「西庵」

この他にも、霞が関で人気のベトナム料理店「Yellow Bamboo」、麻婆・エビチリ・海鮮など、ここでしか食べれない中華たこ焼きと小皿で楽しめる中華料理が味わえる「ザ・三浦屋」が出店しています。


蒲田バル横丁では、オープニングキャンペーンとして5月10日(水)から5月21日(日)までの間、ビームハイボールが一杯99円で楽しめます。期間中に9店舗全部でハシゴしてスタンプを集めると、蒲田バル横丁がある限り永久にビームハイボールが99円で楽しめちゃいます。

スタイリッシュな空間に個性溢れるお店が集まった「蒲田バル横丁」で、はしご酒を楽しんでみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/旅に行きたくなるメディア

名前 蒲田バル横丁
住所 東京都大田区西蒲田7-4-3 カーサ蒲田1F
最寄り駅 JR蒲田駅
定休日 無休
平日営業時間 ランチ11:30~13:30/ディナー16:00~23:30
土曜営業時間 12:00~23:30
日曜営業時間 12:00~22:00