ラトビア・リガ旧市街にある五つ星ホテル「プルマン・リガ・オールドタウン・ホテル」

バルト三国のの中央にあるラトビアの首都リガは、人口約70万人の大都市。「バルト海の真珠」ともたたえられる美しい街です。

リガ大聖堂、聖ヨハネ教会、聖ペトロ教会など見どころの多いリガの旧市街を観光するのにおすすめの5つ星ホテルが、プルマン・リガ・オールドタウン・ホテル(Pullman Riga Old Town Hotel)。

国会議事堂、聖ヤコブ教会までは歩いてすぐ、リガ大聖堂も徒歩数分の距離と便利な立地。また、すぐ近くには公園もあり、のんびり散策も楽しむことができる静かなロケーションです。

赤色の外壁に白い窓枠のかわいらしい建物は、遠くからでもすぐわかります。

こちらは待ち合わせなどにも使えるホテルロビー。洗練されたモダンなインテリアがおしゃれ。

手前がフロントデスク、奥がバーカウンターとなっています。

ホテル客室

プルマン・リガ・オールドタウン・ホテルには、スーペリアルームやデラックスルームなど、全154室の客室があります。客室内はグレーを基調としたモノトーンの落ち着いたインテリア。

デスク、ソファ、チェア、液晶LEDテレビが設置されており、客室内は無料でWi-Fiも利用可能。(IDとパスワードはテレビをつけると表示されます。)

クローゼットの中には、ハンガー、セキュリティボックス、ドライヤー、スリッパ、ミニバーなど。北欧のホテルでは珍しいバスローブもきちんと用意されているので嬉しいです。

ベッド横には向きを変えられる読書灯と、電源、サイドボードもあり、夜ベッドで本を読んだり、スマートフォンを充電しながら眠ることができます。

バスルームもグレー×白のすっきりとしたモダンなデザイン。

こちらも北欧のホテルでは貴重なバスタブつき。長さのあるバスタブなので、足を延ばしてお湯につかることができ、旅の疲れをいやすことができます。

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディーローション、固形石けんのアメニティも用意されていました。北欧ではここまで備品やアメニティがそろっているホテルはなかなかありません。

朝食ブッフェ

宿泊者は、ホテル1階レストランで無料朝食ブッフェをいただくことができます。

品ぞろえ豊富で、ハム、チーズ、卵料理、魚料理、ホットミール、サラダ、フルーツ、パン、シリアル、ドライフルーツ、ヨーグルト、デザート、ドリンクなどが所狭しと並んでいます。

どれも美味しいですが、特に黒パン、ヨーグルトやケフィアなどの乳製品、レモンメレンゲパイはおすすめです。

ホテル内施設

ホテル屋上にはだれでも出入りできるテラスがあり、旧市街の眺めを堪能することができます。

開放感があって気持ちがよいので、時間があれば足を運んでみてくださいね。

ホテル6階には宿泊者が無料で利用できるフィット・アンド・スパ・ラウンジ(Fit & Spa Lounge)があります。

マシン完備のフィットネスルーム。

ガラス張りの窓から街の眺めを楽しめるスパ。サウナも併設されています。また、有料でマッサージやフェイシャルトリートメントのサービスをうけることも可能。

プルマン・リガ・オールドタウン・ホテルは、リガ旧市街で観光を楽しみ、ゆったりホテルステイを楽しみたい方におすすめの高級ホテルです。

提供:CAITOプロジェクト

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

【施設データ】
名称 Pullman Riga Old Town Hotel (プルマン・リガ・オールドタウン・ホテル)
住所 Jēkaba iela 24, Centra rajons, Rīga, LV-1050 ラトビア
電話 +371 67 815 444

公式サイト Hotel RIGA – PULLMAN RIGA OLD TOWN – Pullman hotels