しっとり、つるつる!標高800m「オクシズ」の自然を満喫できる!静岡・梅ヶ島温泉郷の日帰り温泉「黄金の湯」

静岡市の北部、南アルプスの麓に位置する「梅ヶ島温泉郷」。総面積90平方キロメートル、2000メートル級の雄大な山々に囲まれたこの温泉地は、あの武田信玄も癒された秘境の温泉地です。

1700年の歴史を誇る秘湯「梅ヶ島温泉郷」は、梅ヶ島温泉、梅ヶ島新田温泉、梅ヶ島金山温泉、梅ヶ島コンヤ温泉、4つの温泉の総称で、2017年5月に環境省「国民保養温泉地」に指定されました。

今回ご紹介するのは、静岡市北部の中山間地、通称「オクシズ」の自然を満喫できる日帰り温泉「黄金の湯」。「黄金の湯」は、梅ヶ島温泉郷の中で「梅ヶ島新田温泉」に属します。

標高800mに位置し、山景色を見渡せす景観とさわやかな空気、つるつるスベスベを実感できる泉質が特長です。

・しっとり、つるつる!森に囲まれた屋根付き石造りの露天風呂

黄金の湯の中で最もオススメなのが、無色透明でとろっとしているお湯が特徴の「露天風呂」です。

古くから湯治場として親しまれており、森に囲まれた野趣満天の屋根付き石造りの露天風呂はナトリウム炭酸水素塩温泉で、神経痛、関節痛、慢性皮膚病などに効能があります。

無色透明でとろっとしているのが特徴のお湯は、お風呂上りのお肌が、しっとり、つるつるすると評判です。

・お風呂上がりには休憩室でゆったりと過ごすことができる

黄金の湯の施設内には、約200名まで入ることができる休憩室があります。66畳と44.5畳の落ち着いた和室でゆったり。飲食物の持ち込みも可能です。

・梅ヶ島の自然が満喫できる観光スポット

周辺には、戦国時代に武田信玄が金を甲府(山梨県)まで運ばせたという「安倍峠」や、日本3大崩れの一つ「大谷崩」という観光スポットがあります。

「安倍峠」は、四季折々の景観が楽しめ、ツツジの群落が開花する初夏や紅葉の季節の山歩きやツーリングにおすすめ。「大谷崩」は、初夏には新緑、秋には紅葉。荒涼とした岩肌に対して木々のコントラストが目を楽しませてくれます。

山と山に囲まれ、さわやかな空気が流れる梅ヶ島温泉郷の日帰り温泉「黄金の湯」。梅ヶ島の自然を満喫したあとは、温泉でゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

施設 梅ヶ島新田温泉 黄金の湯(こがねのゆ)
住所 静岡県静岡市葵区梅ヶ島5342-3
営業時間 4月~11月 9:30~17:30(17:00札止め)
     12月~3月 9:30~16:30(16:00札止め)
入浴料金 大人 700円 小人 300円(3歳~小学6年生)
     ※ 1時間以内の入浴の場合 大人 400円 小人 100円
定休日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)
    年末年始(12月28日~1月1日)
施設のHP http://www.koganenoyu.com