2018年バレンタインのテーマは開花!味と香りを楽しめる「アンリ・ルルー」新作ボンボン・ショコラ入り限定コフレが新登場

2月14日はバレンタインデー。街はハートを使った華やかな飾り付けで彩られ、百貨店や専門店のバレンタインチョコレート売場は徐々に賑わいはじめています。今からどこのショコラティエのチョコレートを購入するのかを考えている方も多くいるはず。

そこで今回、しっかり大切な方に想いを伝えられるとっておきのチョコレートをご紹介します。

・香りの世界を表現した2種類のバレンタイン限定パッケージ

今回ご紹介するのは、世界で唯一のキャラメル職人として名を馳せている「アンリ・ルルー」のバレンタインコレクション。今年は「開花」をテーマに、さまざまな素材の香りを加えることで、さらに奥行きのあるボンボン・ショコラを楽しめる新作4種類が新発売。

この新作ボンボン・ショコラを中心に詰め合わせた2種類の限定コフレ、「コフレ・フュメ」と「コフレ・アローム」は1月17日から発売しています。こちらは今年のサロン・デュ・ショコラ2018の出品商品にもなっています。

・今年のテーマ「開花」を思う存分楽しめる香りのBOX!「コフレ・フュメ」

ひとつめのコフレは、テーマ「開香(かいか)」よりインスピレーションを受け創造した、新作ショコラ 「ラプサン」「アイレイ」「ピスタチア」をメインにセレクトした香りのBOX。

思わず手にとって魅入ってしまうパッケージのデザインは、京友禅着物の老舗『千總』とコラボレーションしたもの。
“香りによって新しい世界の扉をひらいていく”というイメージからパッケージを開くと、 繊細なタッチの花々が様々な「香り」によって彩られていく様子が描かれている、まさに香りが花ひらくBOXになっています。

そして、新作ショコラ、「ラプサン」、「アイレイ」、「ピスタチア」をメインにセレクトしたボンボンショコラは、ラプサンスーチョンのスモーキーな香りやアイラ島モルトのピート香、 ナッツの焙煎香など、さまざまな香りを加えることで、更に奥行きのあるボンボン・ショコラの味を楽しめます。

写真は、6個入の「コフレ・フュメ」。「ラプサン」、「アイレイ」、「ピスタチア」を各2個づつ入れた新作ボンボン・ショコラ3種を堪能できるBOXになっています。

他に、新作ボンボン・ショコラ3種と定番人気のショコラをセレクトした12個入りもあります。大切な方だけではなくお世話になった方や友人にも最適な一品です。

・素材そのものの香りを楽しめる!大きなリボンが華やかな「コフレ・アローム」

2つめは、カカオのみならず、ナッツやフルーツなどの素材の香りを楽しめる「コフレ・アローム」。

「アンリ・ルルー」のバレンタインといえば、ふんわり大きなリボンが定番。 一際目を引く真っ赤なBOXのパッケージには京友禅の 老舗『千總』監修の美しいデザインを施しています。

そして、テーマ「開香」よりインスピレーションを受けた、ペルー産カカオの風味を活かした新作ボンボン・ショコラ「リマ」や、パッションフルーツのキャラメルを閉じ込めた「ルイゾン・パッション」、重厚なヘーゼルナッツの香りが楽しめる「ノワゼッティンヌ・ノワール」などメインにアソートした「コフレ・アローム」は、4個入り、8個入り、11個入りがあります。

パッケージを渡せば言葉がなくても想いが伝えられる美しいコフレは、大切な方に想いを伝えるのにオススメです。

・2018年のバレンタイン「アンリ・ルルー」4種の新作ボンボン・ショコラ

新作ボンボン・ショコラは、ピスタチオ本来の香りと色を楽しめる「ピスタチア」(写真・左)、シングルモントを口に含んだような風味とショコラの香りが大人な「アイレイ」(写真・左中央)、スモーキーで独特な紅茶の香りをまとった「ラプサン」(写真・右中央)、そしてペルーをイメージした赤をあしらったフローラルでスパイシーな味わいの「リマ」(写真・右)。

味だけではなく、香りも華やかに楽しめるボンボン・ショコラです。

今年は上品で華やかなパッケージと、香りを存分に楽しみながらカカオの味を堪能できる「アンリ・ルルー」のチョコレートを大切な方に贈ってみませんか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

商品名 「コフレ・フュメ」
販売期間 1月17日~2月14日予定

商品名 「コフレ・アローム」
販売期間 1月17日~2月14日予定

HP http://www.yokumoku.jp/henri-leroux/