モロッコの青の町・シャウエンを一望する絶景が自慢のレストラン「アラジン・レストラン」

幻想的な青の町として一躍有名になった、モロッコの小さな町・シャウエン。こっちを見ても、あっちを見ても、青、青、青・・・歩くだけで別世界に迷い込んだかのような気分になれる町並みは、おとぎの世界を思わせます。

そんなシャウエンに行ったら、青の町を見渡すパノラマレストランでの食事はいかがでしょうか。

シャウエンのメディナ(旧市街)の中心地が、ウタ・エル・ハマム広場。広場に面して数多くのレストランが並び、大勢の観光客でにぎわっています。

なかでも最高の眺望が楽しめると評判なのが「アラジン・レストラン(Aladdin Restaurant)」。

建物はウタ・エル・ハマム広場から見えていますが、レストランの入口は広場から一本奥に入った路地にあります。

店内に足を踏み入れると、「アラジン」の名の通り、エキゾチックな別世界が広がります。

2階には、落ち着いてゆっくりと食事が楽しめる半個室風の客席もあり、ムード満点。

店内席にも心惹かれるところですが、景色がお目当てなら屋上のテラス席へと進みましょう。

開放的な屋上からは、360度遮るもののないシャウエンのパノラマが楽しめます。ウタ・エル・ハマム広場側に目をやれば、堅牢なカスバ(城砦)とグラン・モスクのある歴史を感じさせる風景が。

そしてその反対側には、山のふもとに青く塗られた家々が段々畑のように連なる絶景が待っています。こんなロケーションで食事ができるなんて気分は最高。

メニューはタジンやクスクス、パスティラやケバブといったベーシックなモロッコ料理が一通りそろっています。前菜、メイン、デザートを一つずつ選べるセットメニュー(85ディルハム)がおすすめ。

筆者は前菜にナスのニンニク煮込み、メインには野菜のクスクス、デザートにチョコレートムースを注文しました。

トロトロになるまで煮込まれたナスは、ニンニクとスパイスのきいた日本料理にはないエキゾチックな味わい。いつもとは違ったものを食べたい気分になったときにマネしてみたくなるおいしさです。

ふっくらと蒸されたクスクスには、優しい味つけの煮込み野菜がかかっています。レーズンの甘みが味のアクセントになっていますが、クセがなく誰でもおいしく食べられそう。

食事をしているあいだにもだんだんと日が暮れ、お店を後にする頃にはすっかりカスバがライトアップされていました。

日没直前に訪れると、明るい時間帯の風景と夕景の両方を見ることができ、さらに得した気分になりますね。

時間帯に応じて表情を変えるシャウエンの美しい風景が堪能できる「アラジン・レストラン」。ここで食事を楽しめば、きっと忘れられない風景がまたひとつ増えるはずです。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

「アラジン・レストラン(Aladdin Restaurant)」
住所:Rue Targi nº 17 -Chefchaouen- Maroc
電話:+212 539 989 071
http://aladinchefchaouen.com/