【世界のカフェ】クロアチア・ドゥブロヴニク旧市街の真ん中で優雅に過ごせる名物カフェ「グラツカ・カヴァナ」

ジブリ映画「魔女の宅急便」や「紅の豚」のモデルになったといわれる、クロアチアの世界遺産の町・ドゥブロヴニク。

オレンジ屋根の建物が並ぶ城壁に囲まれた旧市街と、碧いアドリア海とのコントラストはあまりにも美しく「アドリア海の真珠」とたたえられています。

城門をくぐったら、一気にタイムスリップしたような気分になれるドゥブロヴニク旧市街にある名物カフェが、1895年創業の老舗「グラツカ・カヴァナ(Gradska Kavana)」です。

グラツカ・カヴァナがあるのは、ドゥブロヴニク旧市街で最も華やかなルジャ広場に面した大きな建物「アルセナル」。現在カフェとして利用されている部屋は、ドゥブロヴニクがラグーサ共和国として栄えていた時代、評議場として使われていたそうです。

スポンザ宮殿や聖ヴラホ教会など、重要な歴史的建造物に囲まれたルジャ広場は、ドゥブロヴニク繁栄の象徴ともいえる場所。

広場の中心には、ドゥブロヴニクが何よりも大切にしていた「自由」を表すオルランドの柱が立っています。

グラツカ・カヴァナのテラス席では、こうした壮麗な歴史的建造物や行き交う観光客を眺めながらドゥブロヴニクの活気を肌で感じることができます。

その一方で、建物自体の歴史を感じられる落ち着いた店内席もおすすめです。

パステルオレンジを基調とした空間に、グリーンやブルーの家具が配置された店内はまるでホテルのような華やかさ。世界中からの観光客でごった返すドゥブロブニク旧市街のど真ん中でありながら、喧騒から離れて静かなひとときを過ごすことができます。

スイーツのおいしさに定評のあるグラツカ・カヴァナでは、ぜひ飲み物だけでなくデザートも楽しんでみてください。

ショーケースにディスプレイされていた5種類ほどのケーキのなかから筆者が選んだのは、オレンジのチョコレートケーキ。甘さ控えめのビターチョコレートと、甘酸っぱいオレンジの風味が相性抜群の上品な大人向けのケーキです。

グラツカ・カヴァナはクロアチアの伝統スイーツが楽しめるお店としても有名。

筆者が訪れたときには残念ながらありませんでしたが、出会うことができたならクロアチア名物の「マカロニタルト」を試してみては。その名の通り、マカロニがたっぷり入ったボリューム満点のケーキで、シナモンの風味とモチモチの食感がクセになるという人も多いユニークなケーキです。

物価の高いドゥブロヴニクだけあって、クロアチアにしては高めの金額設定ですが、日本で高級カフェに入ることを思えば安いもの。

ドゥブロヴニクを訪れたら、この町の発展を見守ってきた歴史ある建物で上質なティータイムを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

「グラツカ・カヴァナ(Gradska Kavana)」
住所:Pred Dvorom 1, Dubrovnik 20000
電話:+385 20 321 202
http://www.nautikarestaurants.com/gradska-kavana-arsenal/