未来の飛行機には窓がない!?凄すぎる未来の飛行機に早く乗りたい!


これからの飛行機には窓は必要ない!?誰もが驚くような衝撃のコンセプトを打ち出したのはCPIというイギリスの企業。

CPIの提案は、旅客機のすべての窓をなくし、そのすべてを巨大なデジタルウィンドウにしてしまうという内容。

デジタルウィンドウに外部ライブ映像を投影することで、これまでの小さい窓でのフライト体験ではなく、まるで自分自身が空の上を飛んでいるようなフライトを体験できるとのこと。

さらにCPIのデジタルウィンドウは機体そのものの強度をより高め、軽くすることで燃費性能を高める事が出来るそうだ。その上、機体そのものを薄くする事が出来るため、機内のシートピッチも大きくなり、より快適なフライトができるとのこと。いいことずくめじゃないか!と叫びたくなるような提案なのだ。

ちなみにCPIのホームページではディスカッションができるような掲示板があるので、もし他にも素晴らしいアイディアを持っている!という方はディスカッションに参加してみてはいかがでしょうか?

もしこんな飛行機が登場したら飛行機に乗るということだけでも楽しくなりそうですね。まさに旅行の概念すら変えてしまうような、とっても楽しくなるような未来の飛行機、CPIは次の10年以内に実現できると宣言していますが、いつ実現されるのでしょうか!?

このとっても待ち遠しい飛行機技術、2020年の東京オリンピックにあわせて実現してもらたいですね!

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

flight-slide-02

flight-slide-03

flight-slide-01

flight-concept-03

Via: http://www.uk-cpi.com/windowless-fuselage/